FM長野 リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第585回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( △ )
    EGO-WRAPPIN’「サニーサイドメロディー」
    テレビ東京・ドラマ24「リバース エッジ 大川端探偵社」エンディング テーマ

  2. 第 2 位 ( △ )
    SBC TBS・金曜ドラマ「アリスの棘」劇中効果音楽 [横山克]

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    NHK BSプレミアム・BS時代劇「神谷玄次郎捕物控」テーマ音楽 [安川午朗]

  4. 第 4 位 ( ⇒ )
    Yael Naim“Far Far”
    NBS フジ・木曜劇場「続・最後から二番目の恋」挿入歌。

  5. 第 5 位 ( ★ )
    まらしぃ「千本桜」
    トヨタ自動車 テレビCM音楽
    ♪ネット由来の美しいピアノソロ。


 DVDの耐久年限には諸説があります。10年程度で劣化してしまうとか、何万年も劣化しないとか(笑)色々です。私も ちょっと気になって、動画や音声ファイルが きちんと再生出来るのか、今週は保存してあるDVDのチェックをしてみました。

 いくつか抽出して再生してみましたが、全く問題ありませんでした。急激な劣化は進行してない様ですが、なるべく早い内に外付けHDDによる、ラジオ・テレビの録画・録音ファイルの集中管理に移行したいと思っています。

 そのチェックの中で1本視入ってしまったテレビ番組がありました。2005年に放送されたNHKスペシャル「万年時計の謎に挑む」です。

 江戸時代から明治にかけての傑出した技術者・田中久重が独創で制作した「万年時計(万年自鳴鐘)」の神業ともいえる天才的な内部構造を、現代の名工・技術者約100人による分解作業から探っていくドキュメンタリーです。

 「万年時計(万年自鳴鐘)」は装飾的にも美しい和時計の多面に、いくつもの機能を備えています。

 上部には太陽と月の現高度を示す天象儀があり、側面には不定時法による時刻を表示する和時計を始め、二十四節気・曜日・十干十二支・月齢を自動で指し示す機能や洋時計まで付属しています。これらの多機能を約1年1度 僅か6回のネジ巻きだけで動かし続けます

 重要文化財に指定されている この「万年時計(万年自鳴鐘)」こそ世界の機械時計の中でも最高の作品であると断言する事が出来ます。

 この「万年時計(万年自鳴鐘)」は国立科学博物館に常設展示され、田中久重は東京芝浦電機、現在の東芝の創業者でもある事から、分解研究の際に作成された複製品が東芝未来科学館に展示されています。ドキュメンタリーを視てぜひ実物を一度見たくなりました。

 「万年時計(万年自鳴鐘)」は時計の仕組みを一から独学し、ゼンマイを除き田中久重たったひとりで制作しました。私も独学で何かを造り上げる事に大変興味があり、例えば このブログも他のブログサービスに依存する事なく、HTMLとCSSさらにPHPを独学してブログをプログラミングしました。

 作り上げている時は夢中で、頭の中に知識が入っているのですが、一旦完成して作業から離れると知識は日々忘れていき(笑)その後 何か修正が必要な時は、膨大なHTMLとCSSを見て あたふたする事があります(笑)。

 最近では知識が頭にある作業中に記録ノートをとり、後日 修正が必要な時は忘却の彼方から知識を元に戻しやすくしています(笑)。

 このドキュメンタリーでも、田中久重が きちんと記録を手書きで作成していた事が紹介されており、例のSTAP細胞の騒動(笑)ではありませんが、やはり制作過程での研究ノートや記録メモは重要なのだと改めて思いました。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを即時表示します。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 お読み頂き ありがとう ございます。ご愛読者の皆様には、心から感謝申し上げます。

 ここは、2014年05月30日 の週間選曲リストと『 田中久重の万年時計 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てがオリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。