FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第107回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( △ )
    SBC MBS・ドラマ30「メモリー・オブ・ラブ」劇中効果音楽 [栗山和樹]

  2. 第 2 位 ( ▽ )
    山下達郎「忘れないで」
    NHK総合・NHKアニメ劇場「名探偵ポアロ と マープル」エンディング テーマ曲

  3. 第 3 位 ( ⇒ )
    平原綾香「明日」
    NBS フジ・木曜劇場「優しい時間」主題歌

  4. 第 4 位 ( ★ )
    YUI“feel my soul”
    NBS フジ・ドラマ「不機嫌なジーン」主題歌
    ♪平坦な曲調だが 妙に聴き手へ拘りを持たせる声質。

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    NHK総合・大河ドラマ「義経」テーマ音楽 [岩代太郎]


 今週 長野市街では、さらに30センチ近くの降雪がありました。ちょっとした買物などの外出も、スノトレが必要な感じです。屋外の駐車場では、カーラジオアンテナを伸ばしたまま、屋外駐車場へ一晩置いておく方がいますが、カーラジオ アンテナの氷雪凍結は、受信障害の原因になります。寒冷地での屋外駐車場利用の際、カーラジオのアンテナは、仕舞う事をお勧めします。

 実は長野市内に、FM長野の中継局が2ヶ所あります。松本・長野間を結ぶ国道19号線(犀川)沿いは、1000m級の山々に囲まれており、開局当初は、長野県の二大都市である松本市と長野市を行き来する車中、カーラジオでFM長野を聴いていると大きな問題点がありました。受信状態が悪くなりリスニングが途切れてしまうのです。

 FM長野に関して言えば、既紹介の「善光寺平 中継所」の電波が長野市街へ充分到達していますが、市街から離れてのドライブコースである、長野-松本間を結ぶ国道19号線や長野自動車道でのカーラジオでの聴取を改善し、周辺地域の難聴も一気に解消すべく、開局直後から中継所の新規置局が検討されてきました。

 『FM長野・聖 中継局』は、1992年10月 1日に開局しています。送信周波数は、78・1 MHz です。送信出力 100W。長野市 大岡丙の聖山 西側山腹より、東筑摩郡 筑北村から大町市 市街地、長野市 西部にかけて、周辺地域 約1万2000世帯をカバーしています。

 この聖 中継局は、FM長野 と NHK-FMのサテライトのみ、正規のラジオ中継局として置局されました。同じ聖高原のすぐ近くにある麻績 中継局(東筑摩郡 麻績村)が、テレビのサテライトとして運用されています。同一の送信施設でなく、かつ長野市 と 東筑摩郡 麻績村に行政区域が分かれているため、別名称になったのだと思われます。

 聖高原は、信州の中でも お勧めの観光地です。周囲1キロほどの「聖湖」は 大変美しく、聖 中継局を見渡せる聖山頂上も大パノラマの絶景が展開します。特に紅葉の季節は、素晴らしい色彩の自然芸術が展開し、美味しい空気と風情も味わえます。また四季折々に楽しめる聖高原には、相当寒いですが(笑)厳冬には、樹氷現象を観るために沢山の通な観光客も訪れます。

 長野―松本間は、83・3 MHz ⇔ 78・1 MHz ⇔ 86・4 MHzとリレーされる事をお薦めします。また同区間の国道19号線をドライブする際は、始めから聖 中継局 78・1 MHz にチューニングしておくと、充分FM長野が楽しめます。聖 中継局は、松本市と長野市を結ぶ幹線道路と周辺地域の受信改善に特化した長野エフエム放送中継所なのです。


(追記) 2008年 3月に、長野市から松本市へ転居しました。


ブログ開始は 2003年です。

Mail-form


 頂いたメール内容の秘密は 厳守しています。

Search

Pageguide

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。お読み頂き ありがとう ございます。ここは、2005年01月28日 の週間選曲リスト と『 FM長野・聖 中継局 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しているテキストブログです。デザイン総てが、オリジナルの自作で構成されています。週 1回「定点観測」の積み重ねによって、信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。