FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第180回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( △ )
    宇多田ヒカル“THIS IS LOVE”
    日清食品 テレビCMソング

  2. 第 2 位 ( ▽ )
    ナナムジカ「僕達の舞台」
    SBC TBS・ナショナル劇場「特命!刑事どん亀」主題歌

  3. 第 3 位 ( ⇒ )
    NHK総合・大河ドラマ「功名が辻」テーマ音楽 [小六禮次郎]

  4. 第 4 位 ( ★ )
    NHK総合・報道番組「特報首都圏」テーマ音楽 [書上奈朋子]
    ♪僅か10秒足らずのテーマ音楽に表現された抜群の調性。

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    Red Hot Chili Peppers“DANI CALIFORNIA”


 2006年は 上半期が終了し、ちょうど折り返し点です。そこで『2006 上半期順位』を、今週の週間放送視聴日記に付記しました。年末に作成する年間ランキング( Year-End Ranking )の中間速報として お知らせするものです。週間選曲リスト・ルールの年間ランキング要項に基づき、上半期順位を確定・決定しました。

 年間チャートのシステムは、実感と年間順位が合致する事こそ最も重要と、長い間の音楽チャート研究から確信しています。そして毎週の順位に配点をし集計をする方法では、この実感と年間順位の合致が、極めて難しいと考え続けていました。その確信をブログで実現するため、絶対な数的基準と、自由な選考基準をミックスした、年間(上半期)順位のルールを考案しました。

 まず年間ランキング(上半期順位)の選曲条件は、期間内の 1位楽曲に限られます。次に年間(上半期)1位は、対象期間内の週間選曲リストで、1位を最も長く記録した楽曲が、全てに優先で「自動確定」します。そして年間(上半期)2位以下は、選曲条件をクリアした楽曲の中から 1位週数のデータを軸として、レギュラーの「選曲基準」により改めて 4曲を選曲します。

 その年間ランキング(上半期順位)楽曲 4曲に対して、累積資料である 1位週数・登場週数を参考データとしながら、独自性の高い順位決定を行っていくのです。この並立した基準により、レギュラーの週間選曲リストと同じく 5曲だけ選曲した、年間(上半期)順位を確定・決定します。今まで実感と順位が一致した上半期順位を 4回、年間ランキングは 3回公開してきました。

 【1位 8週 登場25週】① 功名が辻 テーマ音楽。 今年の上半期順位は、対象期間内の週間選曲リストにおいて、選曲条件をクリアした楽曲 6曲の中から、以下の通りに確定・決定しています。


 2006 上半期順位


  1. 第 1 位 ( 8)
    NHK総合・大河ドラマ「功名が辻」テーマ音楽 [小六禮次郎]

  2. 第 2 位 ( 6)
    伴都美子「鵺の鳴く夜」
    NHK総合・木曜時代劇「柳生十兵衛七番勝負 島原の乱」主題歌

  3. 第 3 位 ( 5)
    ナナムジカ「僕達の舞台」
    SBC TBS・ナショナル劇場「特命!刑事どん亀」主題歌

  4. 第 4 位 ( 3)
    石川一宏“Save Our Souls”
    ABN テレ朝・情報バラエティ番組「奇跡の扉 TVのチカラ」テーマ音楽

  5. 第 5 位 ( 3)
    大黒魔季「胡蝶の夢」
    NBS 東海テレビ・ドラマ「新・風のロンド」主題歌


ブログ開始は 2003年です。

Mail-form


 頂いたメール内容の秘密は 厳守しています。

Search

Pageguide

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。お読み頂き ありがとう ございます。ここは、2006年06月30日 の週間選曲リスト と『 2006 上半期順位 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しているテキストブログです。デザイン総てが、オリジナルの自作で構成されています。週 1回「定点観測」の積み重ねによって、信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。