FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第181回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( △ )
    ナナムジカ「僕達の舞台」
    SBC TBS・ナショナル劇場「特命!刑事どん亀」主題歌

  2. 第 2 位 ( ▽ )
    宇多田ヒカル“THIS IS LOVE”
    日清食品 テレビCMソング

  3. 第 3 位 ( △ )
    NHK総合・報道番組「特報首都圏」テーマ音楽 [書上奈朋子]

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    NHK総合・大河ドラマ「功名が辻」テーマ音楽 [小六禮次郎]

  5. 第 5 位 ( ★ )
    柴田淳「紅蓮の月」
    NBS 東海テレビ・ドラマ「美しい罠」主題歌
    ♪昨年の昼ドラ「危険な関係」とタイトルバックは似ているがミディアムバラードの佳曲。


 5日に 北朝鮮は、計 7発のミサイルを 日本海に向け発射しました。1発目のミサイル発射が午前 3時33分。4時04分には 2発目のミサイルを発射。FIFA ワールドカップ 準決勝「ドイツ vs イタリア」の試合を生中継していたNHK総合は、午前 4時29分の段階で「北朝鮮がミサイル発射 日本海に着弾の情報」と最初のニュース速報を流しました。

 5時01分に 3発目のミサイルを発射していますが、NHK総合は 5時14分の段階で「北朝鮮がミサイル 2発目も発射との情報」と ニュース速報のテロップを表示。この段階で やっと北朝鮮のミサイル発射は続いていると報道がされ始め、5時53分に試合の中継を教育テレビへ急遽移行します。そしてNHKニュース おはよう日本 の枠内で、ニュースの詳報を伝えました。

 民放テレビ各局も一斉に、朝のニュースやワイドショーで速報報道を開始。その間も 4発目・7時10分、5発目・7時30分、6発目・8時20分と、北朝鮮はミサイルを発射し続けます。事態の完全な把握できない状況のままでしたが、その頃イラク戦争以来となる軍事評論家・江畑謙介 氏がNHKに登場。視聴者に不安が増幅する中、的確で冷静な解説をしていました。

 さらにNHKは、総合テレビの連続テレビ小説(朝ドラ)「純情きらり」の放送休止を決定。特設ニュースは 11時10分まで続きました。しかし、朝ドラを放送休止にしたNHKの判断に関しては問い合わせが殺到。特設ニュース内で何回も「NHKからのお知らせ」と称して、ニュース内容より優先して変更された朝ドラの放送予定を伝えていたのが 少々気になりました。

 さらに午後5時22分、北朝鮮は 7発目のミサイルも発射しています。なお日本国内へ着弾等の被害はなく、武力攻撃事態・予測事態による国民保護法で規定された「警報放送」もありませんでした。但しミサイル発射という緊急事態にかかわらず、国内メディアの速報には、致命的ともいえる遅れがありました。この時差の改善は、国民保護法の観点からも急務だと考えます。

 海外メディアでは、アメリカ・CNNテレビなどが、派手な音楽効果とタイトルバックで“BREAKING NEWS”(臨時ニュース)を放送し続けました。これに対し国内の放送メディアは、増えていくミサイル発射を 淡々と伝えていったのが印象的でした。宣戦布告とも受け取れかねない北朝鮮の暴挙に対し、毅然とした国際正義のスタンスが必要だと強く感じています。


ブログ開始は 2003年です。

Search

Mail-form


 頂いたメール内容の秘密は 厳守しています。