FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第182回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( △ )
    宇多田ヒカル“THIS IS LOVE”
    日清食品 テレビCMソング

  2. 第 2 位 ( △ )
    NHK総合・報道番組「特報首都圏」テーマ音楽 [書上奈朋子]

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    ナナムジカ「僕達の舞台」
    SBC TBS・ナショナル劇場「特命!刑事どん亀」主題歌

  4. 第 4 位 ( △ )
    柴田淳「紅蓮の月」
    NBS 東海テレビ・ドラマ「美しい罠」主題歌

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    NHK総合・大河ドラマ「功名が辻」テーマ音楽 [小六禮次郎]
    ♪1位 8週、登場27週。


 先日「日本民間放送年鑑」を読む機会がありました。日本民間放送年鑑は、日本民間放送連盟(民放連)に加盟しているラジオ・テレビ全放送事業会社の沿革・概要や最新の決算内容が、一冊の年鑑にまとめられています。

 私も職業柄、バランスシートの数字の意味が ある程度解ります。通して読んだ限りでは、やはり全国のラジオ・テレビ局の収益に翳りが出てきている感じです。

 FM長野(長野エフエム放送)に関しては、草創期である 1990年代の頑張りが、やはり今の経営安定に繋がっている様です。

 会社法 第939条1項3号の規定に基づくFM長野(長野エフエム放送)の電子決算公告(バランス シート)では、現在「放送設備強化積立金」4億円。利益準備金は 1440万円が計上されています。この潤沢な内部留保は、FM長野の将来を支える源泉となっています。

 ラジオ局は、放送・送信施設の更新など多額な減価償却費が必要です。FM長野以外のFMラジオ局のバランスシートを「日本民間放送年鑑」で読み取ってみると「本業」の営業収益が各局とも大きく減ってきており、正常な減価償却が困難になってきている局さえあります。

 送信施設の更新を後回しにしたり怠ったりすると、停波を含む放送事故が発生し得る可能性の加速度が、幾何級数的に高まります。ですからラジオ局の経営は、減価償却を最も重要視しなければなりません。

 最近のラジオ放送を聴いていると、番組の主役がリスナーなのか? パーソナリティなのか? 聴いていて疑問になる事もあります(笑)。また番組が伝えているのは 音楽なのか? トークなのか? これも疑問です。

 個性的で魅力ある番組は存在しています。しかし中には、パーソナリティやスタッフが、ラジオ局に存在している事へのアピールのため番組を制作しているのか? と思う事さえあります(笑)。

 それが判るのは、CMスポットの他に、やたら存在するPRに関する放送です。パーソナリティが歌手・アーティストですと なおさらで、新曲のリリース・コンサート情報など、どんどん放送中に織り込んでいくのです。そして局は、パーソナリティである歌手・アーティストからCM料金を貰う事はなく、逆にギャランティーを支払います(笑)。

 ラジオ放送事業は、本来タイム・スポット販売による収益が基本です。スポンサーへメリットがあるとの裏付けとなるべく、リスナーにとって独創的で魅力ある番組を開発するのが本旨です。

 前々からこのブログでも書いていますが、パーソナリティー人事が強く影響するスクラップ&ビルドの番組編成から、パーソナリティーが「引き継いでいく」核となる番組を創造する事こそ大切だと思います。本来のCMが多量のPR放送で埋没する事態は避けなければなりません。

 タイム料金を支払う提供企業は、番組や番組コーナーのスポンサーです。時間帯の無条件なスポンサーではありません。その基本点は忘れないで欲しいと、一(いち)ラジオリスナーとして願っています。


ブログ開始は 2003年です。

Mail-form


 頂いたメール内容の秘密は 厳守しています。

Search