FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第778回ランキング

   
公開 : 
  1. 第 1 位 ( △ )
    米津玄師“Lemon”
    SBC TBS・金曜ドラマ「アンナチュラル」主題歌

  2. 第 2 位 ( ▽ )
    NHK総合・大河ドラマ「西郷どん」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [富貴晴美]

  3. 第 3 位 ( ⇒ )
    人間椅子「命売ります」
    BS JAPAN・連続ドラマJ「三島由紀夫 命売ります」主題歌
    ♪作曲は 和嶋慎治。

  4. 第 4 位 ( △ )
    Muse“Thought Contagion”

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    SBC TBS・金曜ドラマ「アンナチュラル」劇中効果音楽 [得田真裕]


 長野県も とうとう(笑)SBC信越放送によるFM補完中継局の整備が進んでいます。法令によりFM補完中継局は、2020年3月末までに置局しないと、周波数割当を取り消されてしまいますが、FM補完中継局の整備プランが未だ発表されてないのは、僅か数県だけしか残っていません。

 全国で普及が進んでいるAMラジオのFM補完中継局整備ですが、最近 驚くべき動きが総務省でありました。RNB南海放送ラジオに 3月11日のみですが、AMとFM補完放送で異なる番組が放送出来る免許を交付したのです。これには本当に驚きました。

 RNB南海放送は、四国・愛媛県に在するラテ兼営局で、私個人としては、POPSヒコヒコタイムを長年放送してきたラジオ局と認識しています(笑)。そして愛媛県は、南海トラフ巨大地震の被害想定地域に含まれます。

 大規模災害の際には、大量の情報提供が必要となり、それに答える可能性として、AMとFMで異なる内容の番組を実験放送し、技術的な問題点や実際のリスナーからの反響を検証するのだそうです。

 今回の放送免許状によると、AM・FMの非サイマル放送は 3月11日22時30分からの1時間のみと限定されていますが、私は 重大な思惑と意味があると考えています。

 まず今回許可されたRNB南海放送は、KNB北日本放送と並んで、FM補完中継局を全国で最も早く実施したAM局です。最近ではFM補完中継局の周波数を積極的に同期放送にするなど、FM補完に最も先進的な放送局です。

 そのRNB南海放送が独自のアイデアとして、AM・FM非サイマル放送の申請をしたとは考えにくいのです。総務省筋と充分な連携して非サイマル放送の実験をすると考えたほうが妥当です。

 東京のLFニッポン放送などは、このFM補完中継をテコにAMからFMへの乗り換えを真剣に考えている兆しがあります。行き着く先はAM放送の廃止しかありませんが、どうも総務省は、今のところ国策としてAM放送の廃止まで考えていない様です。

 FM放送まで廃止してしまった先鋭的なノルウェーはともかく(笑)フランスやドイツは一部の民放局を除いて、AM放送を終了し、FMやデジタル放送に移行しています。但しAM・FMのサイマル放送が普及している米国は、FM放送も普及していますが、AM放送も根強く残っています。これは広大な国土が、AM放送の必要性を生じさせているのかも知れません。

 日本がAM放送を完全廃止した場合、国際電気通信条約附属無線通信規則で得ている中波周波数割当の放棄に繋り兼ねず、隣国からAMによる宣伝放送が容易になってしまう点からも、AMラジオ放送廃止には慎重な意見があります。

 今回の免許はあくまでも実験放送ですが、一度AM・FMの非サイマル放送の免許を出した総務省の先例は残り、電波行政の新たな進路が出来てしまうのです。

 先行きは全く不透明ですが、仮にAM周波数割当の維持のため、AM・FMの非サイマル放送が、今回の実験段階から普及にまで進むと、FM補完中継局を有するAM放送局は、事実上のFM・AM兼営ラジオ放送局として大きなパワーを有してしまう可能性すらあります。

 あの東日本大震災が大きなター二ングポイントとなり、国土強靭化という大義の元で、AMラジオ局のFM補完放送が一気に進行しました。対するTFMグループは どうでしょうか? 意地になって(笑)放送を続けているミュージックバードは、CS衛星のトランスポーターひとつが要件なので まだ許容の範囲内です。

 しかし、巨大な設備投資がかかる V-LOW放送にある程度のけじめをつけて、番組編成も含めた既存のネットワークの強靭化に着手しないと、FM補完放送の開始以来押され放しなJFNそして全国FM連合加盟局の環境が、どんどん厳しくなっていくという懸念を消す事は出来ないのです。


(追記) 総務省は、南海放送FM補完中継局(松山局)への放送免許状に、新しいコールサイン JOAF-FM を付与しました。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを即時表示します。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 お読み頂き ありがとう ございます。ご愛読者の皆様には、心から感謝申し上げます。

 ここは、2018年03月09日 の週間選曲リストと『 AM・FM補完の非サイマル放送 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てがオリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。