FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第572回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    桜井美南「今かわるとき」
    テレビ東京・ドラマ24「なぞの転校生」オープニング テーマ
    ♪編曲は TAKUYA(浅沼拓也)。

  2. 第 2 位 ( △ )
    NBS フジ・ドラマ「福家警部補の挨拶」テーマ音楽 [横山克]

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    abn テレ朝・木曜ドラマ「緊急取調室」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [林ゆうき]

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    NHK総合・大河ドラマ「軍師官兵衛」テーマ音楽 [菅野祐悟]

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    DREAMS COME TRUE“AGAIN”
    TSB 日テレ・ニュース番組“NEWS ZERO”テーマソング


 『第22回 オリンピック冬季競技大会』が、24日 閉幕しました。開催国・ロシア連邦の隣国であるウクライナでは、大会期間中に事実上の革命が起きましたが、懸念されていた五輪会場でのテロはなく、17日間に渡る競技は滞りなく終了しています。活躍が期待されていた日本選手は「長野超え」まで到りませんでしたが、前回のバンクーバを遥かに上回る結果を収めました。

 【獲得総メダル数:金 1 銀 4 銅 3】

 このブログでは以前、五輪獲得メダル数の国別ランキングのシステムを紹介した事がありました。スポーツの最高勝者の定数は 常に「1」です。競技種目の結果に順位がついたとしても、その「1」を決定するために競技大会の存在意義があります。この基本原理から国別ランキングは、まず金メダル獲得数が絶対の基準となります。

 金メダル獲得数が同数もしくはゼロの場合は、銀メダル獲得数。そして金・銀メダル獲得数も全く同じ場合は、銅メダル獲得数。さらに金 銀 銅メダル獲得数が全て同じ場合は、日本は“JPN”である IOC国名コードのアルファベット順で序列します。つまり どんなに銀・銅メダルを獲得しても、金メダルがゼロなら、金を 1個だけ獲得した国が 上位にランクされるのです。

 この国別ランキングで 冬季五輪における日本の順位を見てみると、1998年の長野が、過去最も順位が高い 7位でした(1位は ドイツ)。2010年のバンクーバは 20位(1位は カナダ)。そして今回のソチが 17位(1位は ロシア)となっています。このランキングからも、長野冬季五輪が、日本選手団 最高の成績をマークしたと理解できます。

 今回のオリンピック放送で気になったのは、新聞のラテ欄でした。多くの視聴者に視てもらおうとする気持ちは解らないでもありませんが、生中継の欄にメダル確実の様な煽る文言を散りばめ、肝心の各競技の中継開始時刻は、詳細に表記されていません。どうもラテ欄から見ると、スポーツ中継をワイドショー的な感覚で編成している様に思えてきます。

 スポーツの感動は、結果が出てから発生します。ヒーローやヒロインは、結果に基づいて発生するのです。結果が出る前に感動を先物買いしてしまう感動欠乏症(笑)の如き過剰な期待が、五輪選手を芸能人の様な扱いに平気でしてしまい、日本選手への不必要なプレッシャー と 勘違いを産むきっかけとなった様な気がしてなりません。

 開会式のパフォーマンスでは、右上の五輪の輪が開かなかった演出上のミスがありましたが、閉会式の時 そのミスを逆手にとって(笑)五輪の輪を開かせる粋な演出もありました。切迫したテロの懸念など、今までの冬季五輪には無かった成否の不安の中で、五輪の輪は 最後にしっかりと開き、ソチ冬季五輪は 成功だったと思います。

 時差 5時間のソチ冬季五輪は 無事終わりました。2年後のリオデジャネイロ夏季五輪が 最大時差の 12時間。4年後の平昌冬季五輪が 時差 0時間。そして 6年後の東京夏季五輪は もちろん時差 0時間(笑)と続いていきます。大会期間中に日本では、歴史的な豪雪もあったソチ冬季五輪。深夜から早朝にかけてのオリンピック放送視聴 本当にお疲れさまでした。


ブログ開始は 2003年です。

Mail-form


 頂いたメール内容の秘密は 厳守しています。

Search

Pageguide

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。お読み頂き ありがとう ございます。ここは、2014年02月28日 の週間選曲リスト と『 ソチ冬季オリンピック 閉幕 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しているテキストブログです。デザイン総てが、オリジナルの自作で構成されています。週 1回「定点観測」の積み重ねによって、信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。