FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第285回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( △ )
    Mr.Children“HANABI”
    NBS フジ・木曜劇場「コード・ブルー ~ ドクターヘリ 緊急救命」主題歌

  2. 第 2 位 ( ▽ )
    CS 時代劇専門チャンネル・時代劇「鬼平犯科帳 ‘69 ‘71」テーマ音楽 [山下毅雄]

  3. 第 3 位 ( ★ )
    いきものがかり「ブルーバード」
    SBC テレ東・アニメ「NARUTO疾風伝」オープニング テーマ
    ♪アーティストイメージとは違うドライブ感を魅せるアニメ主題歌。

  4. 第 4 位 ( ★ )
    みつき「夏のモンタージュ」
    SBC TBS・ドラマ30「ナツコイ」主題歌
    ♪声楽的歌唱力がある女優・高畑充希の和声感あるアレンジによる佳曲。編曲は 増田武史、詞 曲は 竹内まりや。

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    NHK総合・木曜ドラマ「乙女のパンチ」劇中効果音楽 [制作スタッフが既存楽曲から選曲]


 福岡県 北九州市の県域FM局“CROSS FM”(エフエム九州)も が 先々月 経営破綻し、会社清算による再建の道を選びました。以前なら KBS京都(近畿放送)など放送局の経営危機があっても、破綻だけは 免れてきました。20世紀では 想像さえつかなかった、日本の放送局の経営破綻は、21世紀に現実の姿となりつつあります。

 セントギガ(衛星デジタル音楽放送)で、史上初の経営破綻(事実上閉局)が起きて以来、経営基盤の脆弱なコミュニティFM局を中心に、放送局の破綻は 相次いで表面化しています。県域民放FM局の危機感は 尋常でなく、中には編成(放送)部 と 営業部を ひとつにする組織改革をし、一種の「本部」体制で乗り切ろうというFM局も存在するほどです。

 この様なラジオ局経営破綻と その法的処理が先例となって残ってしまえば、今の不況から好況へ日本経済が移っていったにしても、景気循環で 次の大不況が到来してしまった時に、もはや放送業界を守ってくれた護送船団は出航しません。個々の事情しか顧みないラジオ局の淘汰は、時間を先伸ばしする事があっても、これからも充分有り得るのです。

 4月からの新年度も相当の首都圏・関西圏人気局でさえ、スポットは 暫減傾向にあり、平成19年度決算は 赤字局が続出しています。現在でも資本金を蝕む 債務超過状態になっているラジオ単営局は 数局あります。累積赤字が改善しない局も 十指を超えていました。その債務超過状態になっていた局のひとつが“CROSS FM”(エフエム九州)だったのです。

 CSテレビ放送でも「スターチャンネル」が、累積赤字が 245億円まで達し、遂に会社清算をした上で再建となったそうです。通常の私企業なら、とても再建は 無理な負債です。CSテレビ局でさえ こんな状況ですから、インターネットの普及 や コアターゲットの絞り過ぎなど、原因が明確な全国のラジオ局の経営は、例外なく今回の不況で厳しさを増しています。

 だからと言って私は、将来 地上波ラジオメディアが姿を消す事は、絶対有り得ないと思っていますし 信じています。一体どのようなステーションや番組が将来も残るのか? 意外にその答えは、リスナーなら誰でも解りますが、現状維持に精一杯の送り手から見ると、フンと鼻を鳴らす様な単純で素朴な事かも知れません。


ブログ開始は 2003年です。

Search

Mail-form


 頂いたメール内容の秘密は 厳守しています。