FM長野 リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第286回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    Mr.Children“HANABI”
    NBS フジ・木曜劇場「コード・ブルー ~ ドクターヘリ 緊急救命」主題歌

  2. 第 2 位 ( △ )
    いきものがかり「ブルーバード」
    SBC テレ東・アニメ「NARUTO疾風伝」オープニング テーマ

  3. 第 3 位 ( △ )
    みつき「夏のモンタージュ」
    SBC TBS・ドラマ30「ナツコイ」主題歌

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    CS 時代劇専門チャンネル・時代劇「鬼平犯科帳 ‘69 ‘71」テーマ音楽 [山下毅雄]
    ♪1位 3週、登場 8週。

  5. 第 5 位 ( ★ )
    谷村奈南“If I’m not the one”
    abn テレ朝・木曜ドラマ「四つの嘘」主題歌
    ♪6年前のドラマ「マイリトルシェフ」のタイトルバックと類似性が高いが和声が整っている佳曲。


 暑中お見舞い申し上げます。2008年の盛夏を迎え 暑い日が続いています。ご愛読者の皆様には どうか ご自愛ください。

 24日に 岩手県 沿岸北部で、震度6弱の激しい地震が発生しました。

 【犠牲者 1名 負傷者 207名】

 FM岩手では、岩手・宮城内陸地震に次いで 2度目の「緊急地震速報」が送出。NHK盛岡放送局のスキップバック映像によると、本震来襲直後に緊急地震速報のチャイムが流れ始めています。震源が深かったためか、今回の緊急地震速報は遅めだった様です。

 FM長野でも、9月から緊急地震速報(震度5強以上)の運用を予定しており、より精度の高い速報が気象庁に求められています。

 ブロガー プロフィールでも紹介していますが、IBCラジオ(岩手放送)は、その昔 大変お世話になったラジオ局です。

 ひとつの県で 20店以上のレコード店の売上げを独自集計。邦楽60位・洋楽20位まで毎週発表する「IBCトップ40」を、かつて放送していました。その中の「ベスト3予想人のコーナー」で、2年近く私は 毎週 没なく葉書を読まれ続けていたのです。

 このIBCトップ40のプロデューサー 兼 ディレクターそして 生みの親でもあったIBCラジオの故・北口惇夫 放送部長(当時)と、電話を通じて お話した事があります。徹底的なリスナー参加の音楽ヒットチャート番組を独創した、稀に見る器量の放送人でした。

 DJだった大塚富夫アナウンサー(現・アナウンス部長)は、その後 現在まで20年以上も、IBCラジオの顔として生ワイドを休みなく担当されてきましたが、最近ご病気がちとの事。私の長々しい投稿葉書を、毎週 丁寧に読み続けて頂いたラジオの大恩人です。岩手で大きな地震は続いており、心配と懐かしい気持ちが入り交じり複雑です。

 今回の地震で被害に遭われた皆さんへ、心から お見舞い申し上げます。


(追記) この地震は「岩手県沿岸北部の地震」と呼称されています。この呼称は、気象庁による正式な命名ではありません。 東日本大震災後の IBC岩手放送に関する週間放送視聴日記は、IBC岩手放送 と RFCラジオ福島をラジコ で聴く( 2011年 8月 5日)に掲載されています。


 このブログのカウンター(ページビュー)が、19日に 8万 を突破しました。ご愛読頂き ありがとう ございます。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを即時表示します。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 お読み頂き ありがとう ございます。ご愛読者の皆様には、心から感謝申し上げます。

 ここは、2008年07月25日 の週間選曲リストと『 岩手県沿岸北部の地震 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てがオリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。