FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第651回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    Natalie Imbruglia“Instant Crush”
    ♪アルバム“Male”1曲目に収録。

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    NHK総合・大河ドラマ「花燃ゆ」テーマ音楽 [川井憲次]

  3. 第 3 位 ( ⇒ )
    Lady Antebllum“Long Stretch Of Love”

  4. 第 4 位 ( △ )
    BSフジ・ドラマ「リゾーリ&アイルズ ~ ヒロインたちの捜査線」劇中効果音楽 [James S.Levine]

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    abn テレ朝・ドラマ「刑事7人」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [吉川清之]


 先日 ある保存済みの録画ファイルを探していたら、奇妙な録画を発見しました。タイトルには“kazoku”と書いてあります(笑)。「なんじゃこりゃ(笑)」と思って再生してみたところ驚きました。1966年から 1980年まで毎週日曜午後に TBS系で放送されていた「家族そろって歌合戦」の録画だったのです。

 録画したり その録画を保存した記憶が全くありません。しかもファイルは、歌合戦の歌唱部分が殆どカットされ、例の肝心な部分(笑)のみ綺麗に編集されていました。「家族そろって歌合戦」は、一般視聴者参加の音楽番組で、家族 3名が動物の名前のチームを組み、1回戦・準決勝・決勝と トーナメントの勝ち抜き方式により、家族同士が歌唱で対戦していきます。

 私が 小学生の頃から強く興味を引かれたのは、歌合戦よりも会場のステージに大きく掲示されたトーナメント表でした。2チームが唄い終わった後、真ん中に女性司会者を挟んで漫才師の獅子てんや・瀬戸わんや が こうコールします。「審査員の皆さん!スイッチをどうぞ!」すると、高木東六・笠置シヅ子・市川昭介らの審査員が一斉に手元のスイッチを押します。

 するとトーナメント表のヤグラを、チーム名の動物の絵が、生演奏のファンファーレと共に上がっていき、ファンファーレが終奏した瞬間に、負けたチームの動物の絵がヤグラから落ちてしまい、それて勝敗が判るという仕組みです(笑)。録画ファイルには、家族の歌が無視され(笑)肝心な部分である、そのトーナメント表のみ決勝まで重点的に録画されていました。

 審査員の笠置シヅ子 女史は、美空ひばり と双璧をなすと言っても過言ではない、戦後の荒廃した日本社会に 圧倒的な歌唱力とダンスパフォーマンスで、彗星の如く現れた歌謡界のブギの女王でした。映画にも活躍の舞台を広げて一世を風靡しましたが、突然 総ての歌手活動を止めて早期に引退。この家族そろって歌合戦のみ、審査員として専業の様に出演していました。

 録画を視てみると「審査員の皆さん!スイッチをどうぞ!」の直後、パーンしてくるカメラに向かって笠置シヅ子 女史は、毎回 にこやかに笑いながらカメラ目線でスイッチを押しており、さすが専業審査員という感じです(笑)。ところが結果が出た後の講評になると 笑顔が一変し、素人家族チームに対して なかなか辛辣な音楽的批評を加えています。

 当時は、トーナメント表も電動ではありません。ヤグラには 溝がついていて、動物の絵は 裏方さんが手で動かしており、時折 溝から人の影もチラチラ映っていました(笑)。家族そろって歌合戦 は、TBS系列の全国ネット番組でしたが、各地方都市から毎回会場を変えて放送し、その会場をサービスエリアとする地方テレビ局が、制作・著作していく放送形態でした。

 家族チームの歌唱は 綺麗にカットされ(笑)スイッチをどうぞ!から録画されている このファイル、録画・保存した記憶が全くありません。それでも放送資料の価値は 確かにあります。この「家族そろって歌合戦」審査風景と、トーナメント表を重点的に録画してある 実にマニアックなファイルは、謎のまま保存を続けたいと思っています。


ブログ開始は 2003年です。

Mail-form


 頂いたメール内容の秘密は 厳守しています。

Search

Pageguide

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。お読み頂き ありがとう ございます。ここは、2015年09月11日 の週間選曲リスト と『 家族そろって歌合戦 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しているテキストブログです。デザイン総てが、オリジナルの自作で構成されています。週 1回「定点観測」の積み重ねによって、信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。