FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第113回ランキング

   
公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    ABN テレ朝・ドラマ「相棒」テーマ音楽 [池頼広]

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    滴草由実「花篝り ~ はなかがり」
    ABN テレ朝・木曜ミステリー「京都地検の女」主題歌

  3. 第 3 位 ( ⇒ )
    中島美嘉「蜘蛛の糸」
    Kanebo化粧品 テレビCMソング

  4. 第 4 位 ( ★ )
    諫山実生「月のワルツ」
    NHK教育・ミニ音楽番組「みんなのうた」2 ~ 3月 オンエアー曲
    ♪秋の初放送から短期で再放送。難しいメロディだが佳曲。

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    中村雅俊「空蝉 ~ うつぜみ」
    TSB 日テレ・2時間サスペンスドラマ「火曜サスペンス劇場」テーマ曲


 6日 放送のSBC信越放送「SBCラジオスペシャル」にFM長野・大岩堅一 アナが「正式な形」でゲスト出演されました。

 武田徹 パーソナリティや坂橋克明 アナらと「ラジオなんかいらない」というアンチテーゼ(笑)をテーマにトークを展開。ラジオメディアの現状と問題点を議論しました。番組を聴いてみてSBCの武田徹 パーソナリティは、相当ラジオの将来に危機感があると感じました。

 ただ全体からは、ラジオとインターネットの連携についてあまり議論が深まっていない印象を受けました。ラジオの将来の危機感とは、ネットの急成長に比例しているはずなのですが、パネラーにとってネットは やはり苦手なのか(笑)ラジオメディアからネット展開への具体的な提案はなく、ただラジオの世界を中心にして、その中からのみ議論している感じを受けました。

 またパネラーのひとりが「まだ どこもやっていない子供向けのラジオ放送もやるべきだ」と言っていましたが、その様な事はNHKラジオ第2放送で「お話でてこい」など学校放送として大昔からやっています。ラジオの世界を自分の足元だけ、近視眼的に見ているんだなと思ってしまいました。

 FM・AM問わず「自社制作番組」は、それが例え短時間のオンエアーであっても、信州を愛し住まいする人々によって企画・制作・送出されてこそ、信州のラジオ番組としての放送価値が存在します。

 そして広域放送・全国放送とは、明確に異なるコンテンツでなければなりません。自社制作番組が要員も内容も、県外他のラジオ局で、そのまま焼き直せる様ではダメなのです。仮にそれが無理ならば、自社制作番組を減らしてコストを下げるべきなのです。

 県域ラジオ局が最低限維持すべき自社制作番組とは、サービスエリア内のニュース、気象情報、災害時の緊急速報そして選挙の開票速報に、実は限定されています。きちんとした放送体制を構築してないと、それらも広域キー局からの放送になってしまう事に繋がりかねません。ラジオの将来への危機感は、そこが震源域なのです。

 FM長野は、その根本の問題意識から、唯一の県域ラジオ単営局として自信を培っていくべきです。音楽番組を主体とした放送とトーク番組を主体とした放送との明確な類別分離は、未来へも通ずる「住み分け」の基本原理です。

 そしてFM長野は音楽番組を主体とした放送局として、FMラジオ放送を続けるべきです。今回出演した大岩 アナが、FM長野の中で その方向性を指し示し続ける事も重要だと、私は番組を聴きながら思いました。

 今回の大岩 アナのSBCラジオ出演には、もちろんFM長野社内の決裁を受けています。番組最後のクレジットでは「協力・長野エフエム放送」とアナウンスされました。

 FM長野 創立当時の原点を忘れずに、開局当時からの社員アナウンサーである大岩 アナには、これからも頑張って欲しいと思っています。


(追記) この番組の録音はデジタル化し、MP3ファイルで保存を続けています。 2006年 3月に、大岩 アナは残念ながらFM長野を退社しました。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを即時表示します。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 お読み頂き ありがとう ございます。ご愛読者の皆様には、心から感謝申し上げます。

 ここは、2005年03月11日 の週間選曲リストと『 FM長野 大岩堅一アナがSBCラジオに出演 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てがオリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。