FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第84回ランキング

   
公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    NBS フジ・木曜劇場「人間の証明」劇中効果音楽 [岩代太郎]

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    day after tomorrow“lost angel”
    NBS 東海テレビ・ドラマ「女医・優 ~ 青空クリニック」主題歌

  3. 第 3 位 ( △ )
    L e s.R「赤い糸」
    SBC MBS・ドラマ30「虹のかなた」主題歌

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    ABN テレ朝・ドラマ「はぐれ刑事純情派」テーマ音楽 [甲斐正人]

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    一青窈「あこるでぃおん」
    NHK教育・福祉情報番組「福祉ネットワーク」オープニング テーマ曲
    ♪1位 2週、登場 8週。


 7日に行われた サッカー AFC アジアカップ決勝「日本 vs中国」戦は、3-1 で中国を下し、見事ジーコジャパンがアジアの王座に輝きました。

 【最終成績:優勝・日本 準優勝・中国 3位・イラン】

 決勝戦の試合中継視聴率は 32・4% 。瞬間最高が 45・8%という高い数字をマークしました。やはりジーコ監督は、外国人監督として かつてなく、日本選手を深く理解しています。今回のAFC アジアカップでは、それを充分示してくれました。ナショナルチームの監督としては、やはり大切な要素だと思います。

 テレビ観戦をしていて大変残念だったのは、決勝後半になると熱烈応援していた現地の観衆が、どんどん帰りはじめた事です。日本の優勝が決まった後、日本大使館の大使専用公用車を襲撃する事件もありました。ホスト国の観衆としてマナーは 守るべきだと感じました。

 中国国内のいわゆる「愛国教育」は、隣国を敵視する教育の裏返しになっています。その「愛国教育」を受けた中国国民は、スポーツ観戦マナーを学ぶ事が、2008年 夏季五輪の施設建設に並ぶほど急務と言えそうです。

 サッカーというスポーツは、全世界で最も普及している国際競技です。世界選手権のFIFA ワールドカップを頂点に、今回のAFC アジアカップなどの大陸別選手権、そして23才以下のU―23選手を対象としたオリンピックと、ナショナルチームによる国別対抗戦がメインです。

 プロ国内リーグ戦のJリーグにしても、ナショナルチーム選手の錬成が最大の目的であり、FIFA ワールドカップで勝てるために、試合システムが整えられるべきです。Jリーグには、地域振興という命題が有るようですが、ワールドカップで優れた結果を出せる選手を、国内で錬成していく事が最大の課題です。

 どうも一流選手と言われると、スター気取り(笑)をしてしまう選手がおり、その勘違いを正さないのが日本プロサッカーの欠点です。スターが誕生する舞台は、マスメディアのイメージ作りからではなく、FIFA ワールドカップ本大会の試合のみに限定されるべきです。

 このブログが どこまで続くかは自信がありませんが(笑)いつの日かFIFAワールドカップ優勝の記録が出来れば、こんなに嬉しい事はありません。まだまだ夢物語でしょうが。

 このブログでも、今回のサッカー AFC アジアカップが、スポーツ中継記録の試金石と考えていましたが、日本チーム優勝の記録が出来て大変嬉しいです。まもなく開催されるアテネ夏季オリンピックでも、日本選手の活躍の起爆剤になればと期待しています。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを即時表示します。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 お読み頂き ありがとう ございます。ご愛読者の皆様には、心から感謝申し上げます。

 ここは、2004年08月13日 の週間選曲リストと『 2004 サッカーAFCアジアカップ決勝 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てがオリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。