FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第155回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    石川一宏“Save Our Souls”
    ABN テレ朝・情報バラエティ番組「奇跡の扉 TVのチカラ」テーマ音楽

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    倖田來未“you”

  3. 第 3 位 ( ★ )
    NHK総合・正月時代劇「新選組!!土方歳三最期の一日」劇中効果音楽 [服部隆之]
    ♪大河ドラマ時代から厳選したトラックに切れのいい新曲を加えた素晴らしい劇伴音楽群。

  4. 第 4 位 ( △ )
    ABN テレ朝・ドラマ「相棒」劇中効果音楽 [池頼広]

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    ABN テレ朝・ドラマ「相棒」テーマ音楽 [池頼広]
    ♪1位 8週、登場21週。


 明けまして おめでとう ございます。2006年(平成18年)の新春を迎えました。

 今年最初の週間放送視聴日記は、まず年末・年始のテレビ・ラジオ番組を振り返ります。12月25日の ABC(テレ朝)「M-1グランプリ 2005」は、最終審査 4-3-0(島田紳助・松本人志・渡辺正行・中田カウスが支持)で、ブラックマヨネーズが優勝しました。審査の開票シーンは、開票速報マニア(笑)の私からすると劇的な印象を受けました。

 29日 発表の FM長野“Vodafone COUNTDOWN JAPAN”年間第1位は、ケツメイシ「さくら」 (推定得点:106) 。「コスモ ポップスベスト10」年間第1位は、Madonna“Hung Up” (推定得点:73) が それぞれ獲得しています。推定得点は、ベスト10を対象にした独自集計です。

 大晦日の「第47回 日本レコード大賞」は、倖田來未“Buttfrfly”が受賞。しかし、視聴率は過去最低の 10・0%となってしまいました。昔のレコード大賞は、紅白歌合戦開始前に授賞発表音楽会の中継を終わらせていましたが、紅白歌合戦の放送時間が、大きく拡大した今では、レコード大賞の放送時間が深く重なりあっています。

 同じく大晦日 放送「第56回 NHK紅白歌合戦」は、2年前の満票不手際(笑)の反省からか会場・デジタル・携帯電話などの審査員投票を平等に集計する方式へ変更。紅組が優勝しています。視聴者審査員を国民の縮図になる様に、性別・年齢層そして地域別に募集調整している訳でもなく、紅白の審査システムは、大きな曲がり角に差し掛かっています。

 【最終審査結果:紅組 2万8884 白組 2万3414】

 視聴率は、7年ぶりに上昇しました(1部 35・4%、2部 42・9%)。白組(総合)司会 みのもんた がラジオ中継席で「ラジオ第1放送の紅白は、大晦日働く者のための紅白」と言い切ったのには、ラジオファンとして胸に染みました。あのシーンだけでも、みのもんた アナを、紅白司会にした意義はあったと思います。

 正月2・3日の「第82回 箱根駅伝」は、順天堂大が17年ぶりに往路優勝。復路は法政大が初優勝。そして総合は、亜細亜大が悲願の初優勝。視聴率は、往路 27・6% 復路 29・1%と、駅伝中継歴代 3位の高さです。復路 8区では、上位 5校が 2分以内という稀にみる激戦で、9区で抜け出した亜細亜大学の大逆転優勝となりました。

 【日本経済星取表:(2003年 大納会)『 ○ ○ 』(2005年 大納会)】

 昨年大納会の日経平均株価終値は、1万6111円43銭と、1年間で 4622円67銭「大きく上昇」しました。年頭日記の経済「星取表」は、2連勝となります。外需が堅調となり景気に回復傾向が見えてきました。株式市場は、小泉景気に沸いた1年でした。これからも このシステムで、日本経済の定点観測を続けていきたいと考えています。

 ここ長野県長野市は、年末の 20センチを超える積雪で年を越しましたが、3日に数センチの降雪があっただけで 穏やかな三が日を迎えました。ご愛読者の皆様、今年も『チャート★ドランカー BLOG』を、何卒よろしく お願い申し上げます。


ブログ開始は 2003年です。

Mail-form


 頂いたメール内容の秘密は 厳守しています。

Search

Pageguide

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。お読み頂き ありがとう ございます。ここは、2006年01月06日 の週間選曲リスト と『 2006 年頭日記 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しているテキストブログです。デザイン総てが、オリジナルの自作で構成されています。週 1回「定点観測」の積み重ねによって、信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。