咳喘息対策と換気 - チャート★ドランカー BLOG

FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第361回ランキング

   
公開 : 
  1. 第 1 位 ( △ )
    NHK総合・大河ドラマ「龍馬伝」テーマ音楽 [佐藤直紀]

  2. 第 2 位 ( ▽ )
    NBS フジ・木曜劇場「不毛地帯」メインテーマ [坂本龍一]

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    aiko「あの子の夢」
    NHK総合・連続テレビ小説「ウェルかめ」主題歌

  4. 第 4 位 ( ⇒ )
    Sarah Brightman“Stand Alone”
    NHK総合・スペシャルドラマ「坂の上の雲」メインテーマ
    ♪1位 2週、登場 6週。

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    Rihanna“Russian Roulette”


 新型インフルエンザも やっと鎮静化の方向が見えてきました。このブログでも 1918年に大流行したスペイン風邪との比較を取り上げてきましたが、新型インフルエンザのウイルス構造は、スペイン風邪と ほぼ同じだそうです。

 スペイン風邪の流行を経験した高齢者層に広く免疫があると解ってきました。若年者層より高齢者層の罹患率が低いのは、この事も原因の様です。人体の自己防衛システムは、実に奥深いものがあります。

 昨年の今頃、私は酷い気管支炎を患いました。この冬は今のところ全く咳が出ません。ひとつ対策を実行しています。換気です(笑)。

 気管支炎の原因に関して思い当たる事はなく、私はアレルギー体質でもなく、花粉症にもなりません。なりませんと書いて、来年辺り臨界点に達し(笑)突然発症となったら困ってしまいますが、とにかく気管支炎の原因が特定出来ないのです。

 今年は、新型インフルエンザも含め風邪の感染防止に努めて、気管支炎の再発には注意してきました。そしてひとつ新たな対策を毎日実行しています。室内の換気です(笑)。

 開放型の石油ストーブは使っていませんが、1日1回 5分程度 居室・寝室のサッシを全開にして換気します。真冬の換気は大変です(笑)。比較的暖かい日中ならば良いのですが、帰宅後 雪降る夜間などに換気すると、居室は厳寒の極地状態となってしまいます(笑)。

 それでも毎日換気を続けています。結露のほうも相変わらずですし、昨年の気管支炎の原因がハウスダストだと特定をしている訳ではありませんが、取りあえず毎日の換気が気管支炎の再発防止には有効だと感じています。

(追記) この日記のタイトルは「気管支炎対策には換気」でしたが「咳喘息対策と換気」に改めました。2017年にまた冬季の咳を患ってしまい、大きな病院で診て頂きました。レントゲンなどの検査をした結果、気管支等には炎症はなく、また検査にも異常はなく、咳喘息との診断を改めて頂きました。

 この日記の記載に関して、気管支炎を前提に書かれていますが、当時の投薬に抗生物質などはなく、もしかすると この時も咳喘息だったのかも知れません。

 咳喘息の原因は、風邪が治った後や、花粉症や喫煙、さらに冷たい外気なども原因になる事があります。このブログに書いてある真冬の換気などは、かえって咳喘息を起こしてしまうかも知れません。

 ですがハウスダストや花粉が原因ならば室内の換気は、咳喘息を軽減させる可能性があります。一概には言えませんが、私は咳喘息だと診断が出た後も室内の換気は続けています。ひとつの方法だと ご理解頂ければ幸いです。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを即時表示します。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 お読み頂き ありがとう ございます。ご愛読者の皆様には、心から感謝申し上げます。

 ここは、2010年01月15日 の週間選曲リストと『 咳喘息対策と換気 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てがオリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。