FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第65回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    茉樹代「桜咲くまで」
    SBC MBS・ドラマ30「桜咲くまで」主題歌

  2. 第 2 位 ( △ )
    イエロー ジェネレーション「扉の向こうへ」
    SBC TBS・アニメ「鋼の錬金術師」エンディング テーマ曲

  3. 第 3 位 ( ⇒ )
    浜崎あゆみ“Moments”
    コーセー化粧品 テレビCMソング

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    NBS フジ・木曜劇場「白い巨塔」劇中効果音楽 [加古隆]
    ♪1位10週、登場16週。

  5. 第 5 位 ( ★ )
    林明日香「凛の国」
    ナショナル テレビCMソング
    ♪転調にひっかかる点があるがヴォーカルの声量は群を抜く佳曲。


 今年のFM長野 春の番組改編は小規模なものでした。生ワイドの編成は安定しています。特筆すべきは、坂口千夏 アナが「よくばり☆マガジン RADIO Comfy」のDJに採用された点でしょう。坂口千夏 アナは、ABN長野朝日放送の契約社員アナです。現役テレビ局アナが、FMラジオ局のレギュラーDJをするというのは、全国的にも珍しいケースと言えます。

 またパーソナリティに、東京からのタレントDJも多く採用されています。開局当時は、殆どのパーソナリティを、社員アナウンサーが勤めていました。アナウンサーは、信州に居住しリスナーの生活に連帯感があります。また愛知県からパーソナリティを招聘していた頃もあり、本社スタジオが中信に位置しているFM長野としては、広域生活圏との一体感がありました。

 そこに東京からのネット番組との住み分けが必須な、自社制作番組のレーゾンデートルの根幹があったと思うのですが、最近のFM長野 自社制作番組に、際立って東京から社外放送要員を、積極的に求める例が多くなってきています。この傾向は、全国のJFN加盟局と明らかに異なります。そして自社制作番組に少しずつ短命傾向も加わってきています。

 また東京から社外放送要員を求めて自社制作番組を制作していくと、社外放送要員との契約関係が番組の継続期間と連動し、JFNネット番組 と 自社制作番組 との個性差も だんだんと明確で無くなり、似通った番組が増加してくるのです。長野県内のスタジオから放送している意義を深く考えた 自社制作番組の編成を、今後のFM長野には期待しています。


 FM長野 自社制作番組リスト
 (敬称略 ・【 】内は整理順位)


 2004年 4月 現在

  1. 【1】FM NAGANO MUSIC SPECIAL REMIX SIGHT
       月 → 木 1600 ~ 1900(木 1855)
       清水まなぶ・高寺直美・小林新・丸山周・田中利彦

  2. 【2】Start Your Engine あ・さ・い・ち!
       月 → 木 0730 ~ 1000
       伊織智佳子・大岩堅一

  3. 【3】小林夏樹 BE UP! MORNING
       金 0730 ~ 1050
       小林夏樹・高寺直美

  4. 【4】346 GROOVE FRIDAY!
       金 1600 ~ 1900
       三四六

  5. 【5】ALPICO Chao×Chao Cafe
       月 → 金 1130 ~ 1155
       野村恵美

 開局時(1988年10月)から 16年間の全リストは、ブログの Basic List に掲載しています。


ブログ開始は 2003年です。

Search

Mail-form


 頂いたメール内容の秘密は 厳守しています。