FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第136回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    ABN テレ朝・木曜ドラマ「菊次郎 と さき」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [坂田晃一]

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    SBC TBS・ドラマ「女系家族」劇中効果音楽 [栗山和樹]

  3. 第 3 位 ( ⇒ )
    Billy Ban Ban「今は、このまま」
    三和酒類 iichiko テレビCMソング

  4. 第 4 位 ( ⇒ )
    NHK総合・大河ドラマ「義経」劇中効果音楽 [岩代太郎]

  5. 第 5 位 ( ★ )
    Sugar「ひまわり」
    SBC TBS・ドラマ「幸せになりたい」主題歌
    ♪よくあるメロディ・ラインを強いポップ感のアレンジで押し切った楽曲。


 先日 ちょっと買い物の途中で時間があったので、長野市IVYスタジオで、毎週金曜お昼に生放送中の FM長野「よくばり★マガジン RADIO comfy」を視てきました。坂口千夏 ABN長野朝日放送アナウンサーが担当しています。番組DJが他放送局のアナウンサーという、全国のFM局でも あまり類例のないスタイルです。

 一度視てみたいと思って来ましたが、サテライト スタジオからの生放送なのに、ギャラリーは 誰もいませんでした。スタジオ内には、ディレクター・ライター・ゲストそしてDJの4人。坂口 アナは、実際視てみると完全にラジオのDJですね。とてもテレビ局アナの雰囲気がありません。いや これは誉め言葉のつもりなんです(笑)。

 IVYスタジオは、長野市にあるFM長野のサテライトスタジオです。以前 放送していない時に立ち寄った際は、なぜか看板も外して ひっそりとしていました。サテライトスタジオの看板を外しているというのは不可解で、放送日以外はスタジオを賃借出来てないのかな? と思ってしまいます。但し搬入された機材はそのままでしたが(笑)。

 浜松にあるK-MIXは、やはり静岡市にサテライト スタジオを置いていますが、平日帯で毎日放送している様です。但しK-MIXの場合、東海地震対策で普段から放送拠点を分散しておく、深い意味があります。FMラジオ局のサテライト スタジオは、単に公開放送の拠点だけだと考えてしまえば、経営状態によって、すぐ改廃の対象となってしまいます。

 放送スタジオの分散に合理的意義や、誰もが理解出来る必要性があってこそ、サテライト スタジオの存在理由があります。開局当時のFM長野の生ワイドは、アナウンサーがディレクターを兼任して、社員以外はアルバイトのADさん 1人という体制で放送を続けていました。ローコストな本社スタジオだけで、高い収益をあげていたのが この頃です。

 お盆の16日 宮城県南部で震度6弱の激しい地震が、午前11時46分に発生しました。僅か9分後の定時のFM長野ニュースで、極めて珍しい“JUST IN”があり、田中利彦 アナは 県内震度などの速報をしていました。間違いなく言えるのは、このFM長野ニュースの緊急対応を、田中利彦 アナひとりで担当したという点です。

 ラジオ放送は、ディレクター・ライター・DJと分離しなくても、経営首脳から強いイニシアチブ と 指導があれば、放送要員 1人でも維持できる道を選択出来るのです。昼間は、何人も放送要員を手当しても、深夜に緊急災害が発生した時に、局舎が無人で放送要員が確保できない体制ならば、潜在的にラジオ局が抱える問題の根は深いのです。


(追記) 2010年 5月に、長野市・IVYスタジオは廃止となりました。


ブログ開始は 2003年です。

Mail-form


 頂いたメール内容の秘密は 厳守しています。

Search

Pageguide

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。お読み頂き ありがとう ございます。ここは、2005年08月19日 の週間選曲リスト と『 よくばり マガジン RADIO comfy 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しているテキストブログです。デザイン総てが、オリジナルの自作で構成されています。週 1回「定点観測」の積み重ねによって、信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。