FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第223回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    柴咲コウ「ひと恋めぐり」
    SBC TBS・愛の劇場「砂時計」主題歌

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    NHK総合・木曜時代劇「柳生十兵衛七番勝負 最後の闘い」劇中効果音楽 [梅林茂]

  3. 第 3 位 ( ⇒ )
    工藤静香「雨夜の月に」
    NBS 東海テレビ・ドラマ「麗わしき鬼」主題歌

  4. 第 4 位 ( ⇒ )
    NHK総合・大河ドラマ「風林火山」テーマ音楽 [千住明]

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    NHK総合・ドキュメンタリー番組「ドキュメントにっぽんの現場」テーマ音楽 及び 予告使用音楽 [番組担当音響スタッフ 独自制作]
    ♪ごく短時間に使用されるBGは、NHK音響スタッフが創り上げた佳曲。


 大河ドラマ「風林火山」変わらず視聴率が、好調に推移しています。ここ数年の大河ドラマの中では、群を抜くほどシナリオが充実しており、毎回驚くほど胸を打つ、しかも論理的な台詞回しがあります。大森寿美男のシナリオには、自らの確固たる歴史感に基づく、史実 と 創作の仕掛けが、見事に調和しています。完成度の高い大河ドラマだと感じています。

 千住明が制作した音楽に関しては、相当練り上げ 隙なく創った作品です。旋律の心底に染みていく豊さは、小六禮次郎の「功名が辻」テーマ音楽のほうが優るかも知れません。ですが テーマ音楽が流れるタイトルバック映像の総合的な出来は、空の雲の変化に合わせた 色彩のコントラストの素晴らしさで象徴される様に、大河ドラマ史上最高だと断言できます。

 配役序列では、前作「功名が辻」が トメG俳優を、完全に固定させていたのとは異なり 非常に柔軟です。例えば、時代劇や 2時間サスペンスに異彩を放つ名悪役俳優であった 上杉祥三。テレビ草創期の頃から あらゆるドラマへ出演し、脇役に徹し続けてきた女優・大森暁美。このふたりを 大河ドラマでトメG入りさせた事は驚きでもあり、その人選に粋を感じています。

 レギュラ出演者が一堂に会した、第10話「晴信謀叛」の信虎(仲代達矢)追放を決意する重臣達の謀議シーンは、大河ドラマ史上に残る名場面でした。残るキャスト上の問題点は「あの人」(笑)。そう「あの人」だけなのです。ドラマの出来が良いだけに、段々と心配が つのってきました(笑)。「風林火山」の今後の展開に期待しています。

 NHK大河ドラマ「風林火山」4月29日 放送・第17回「姫の涙」タイトルバック・クレジット(配役発表)序列は … ○ 内野聖陽 / ○ 市川亀治郎 / △ 池脇千鶴 / △ 金田明夫 → 田辺誠一 → △ 有薗芳記 / 佐藤隆太 → 水川あさみ → 桜井幸子 → 貴地谷しほり / △ 柴本幸 / ○ 加藤武 / ○ 浅田美代子 → △ 上杉祥三 → △ 大森暁美 / ○ 竜雷太 / ○ 風吹ジュン / ◎ 千葉真一 … となっています。

 ここに掲載されたピンクレ(1画面に1人だけ配役が紹介される)俳優を格付け対象としました。タイトルバックでは、俳優表示のリズムや 区切り方にも意味合いがあり、それらを分析。 / は 表示間隔を示しています。無印 → △ → ○ の順でランクは 上がり「トメ」の ◎ が、今回における最高俳優と、このブログでは 独自な格付けをしています。


ブログ開始は 2003年です。

Mail-form


 頂いたメール内容の秘密は 厳守しています。

Search

Pageguide

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。お読み頂き ありがとう ございます。ここは、2007年05月04日 の週間選曲リスト と『 風林火山 のクレジット順序 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しているテキストブログです。デザイン総てが、オリジナルの自作で構成されています。週 1回「定点観測」の積み重ねによって、信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。