FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第129回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    ABN テレ朝・ドラマ「はぐれ刑事純情派 ファイナル」テーマ音楽 [甲斐正人]

  2. 第 2 位 ( △ )
    SONA“Love,Again”
    SBC MBS・ドラマ30「ヤ・ク・ソ・ク」主題歌

  3. 第 3 位 ( ⇒ )
    NHK総合・大河ドラマ「義経」劇中効果音楽 [岩代太郎]

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    柴田淳「おかえりなさい。」
    ABN テレ朝・木曜ミステリー「おみやさん」主題歌
    ♪1位 7週、登場11週。

  5. 第 5 位 ( ★ )
    Royksopp“Only This Moment”
    ♪メロディが前面に出た美しいエレクトロニカ。


 今年の大河ドラマ「義経」は、後半 少々中弛みの感があります。昨年の「新選組!」が、本放送 終了後も強烈な印象を残しているからでしょうか? やはり主役の演技力やストーリーに単調さが見られます。1979年の大河ドラマ「草燃える」北条義時 役では、トメを獲得している松平健のクレ順も、なかなかトメグループに入らず不可思議な感じです。

 NHK大河ドラマには、准大河ドラマと称する事が出来る 3作品が存在します。1984年から 1986年までに放送された「NHK新大型時代劇」です。役所広司 主演の「宮本武蔵」渡瀬恒彦 主演の「真田太平記」そして中村吉右衛門 主演の「武蔵坊弁慶」です。この 3作品は、ほぼ大河ドラマと同レベルの放送期間とキャスティングで制作されました。

 松平弁慶も悪くはありませんが、私にとっての弁慶は、やはりこのNHK新大型時代劇「武蔵坊弁慶」での 中村吉右衛門です。義経には 川野太郎を配役しました。まだ「鬼平役者」になる前の頃で、とても豪快で陽性な弁慶でした。また「真田太平記」で丹波哲郎が演じた、日本史上有数の智略武将・真田昌幸 役も素晴らしく忘れる事が出来ません。

 その丹波哲郎には、今回の「義経」で、とても印象に残るシーンがありました。 4月 3日に放送された第13回「源氏の決起」での挙兵シーンです。岩代太郎の劇伴音楽が流れる中、火をつけた館から 燃えさかる炎をバックに、ニヤリ と不敵な笑みをたたえた、名優・丹波哲郎 演じる源頼政には、例えようがないほど強い感銘を覚えました。

 隆盛極まれる平家から受けていた堪え難い屈辱から解放された、源氏 武士の心と覚悟が見える様で素晴らしいシーンでした。あの ニヤリ と笑う演技は、どんなシナリオにも予め書くことが出来ず、丹波哲郎 氏でないと演じられません。あの ニヤリ が、今年の大河ドラマで強く印象に残ってます。全体的には、もうひと頑張りして欲しい「義経」の今後の展開に期待しています。

 2005年 NHK大河ドラマ「義経」6月26日 放送・第25回「義仲最期」タイトルバック・クレジット(配役発表)序列は … ○ 滝沢秀明 → ○ 松平健 → 上戸彩 → 南原清隆 → うじきつよし → 伊藤淳史 → 海東健 → 宮内敦士 → 小栗旬 → △ 石原良純 / △ 鶴見辰吾 → かとうかずこ → 細川茂樹 → 後藤真希 / △ 小澤征悦 → 小池栄子 → 大杉漣 → △ 白石加代子 / ○ 稲森いずみ → △ 阿部寛 → △ 市川左團次 → △ 萬田久子 → △ 夏木マリ → △ 中尾彬 → / ○ 松阪慶子 / ◎ 平幹二朗 … となっています。

 ここに掲載されたピンクレ(1画面に1人だけ配役が紹介される)俳優を格付け対象としました。タイトルバックでは、俳優表示のリズムや 区切り方にも意味合いがあり、それらを分析。 / は 表示間隔を示しています。無印 → △ → ○ の順でランクは 上がり「トメ」の ◎ が、今回における最高俳優と、このブログでは 独自な格付けをしています。


ブログ開始は 2003年です。

Mail-form


 頂いたメール内容の秘密は 厳守しています。

Search

Pageguide

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。お読み頂き ありがとう ございます。ここは、2005年07月01日 の週間選曲リスト と『 義経 NHK大河ドラマ 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しているテキストブログです。デザイン総てが、オリジナルの自作で構成されています。週 1回「定点観測」の積み重ねによって、信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。