FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第131回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    NHK総合・大河ドラマ「義経」劇中効果音楽 [岩代太郎]
    ♪第27回 放送「一の谷の奇跡」での圧倒的な劇伴音楽効果。

  2. 第 2 位 ( △ )
    SBC TBS・ドラマ「女系家族」劇中効果音楽 [栗山和樹]

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    SONA“Love,Again”
    SBC MBS・ドラマ30「ヤ・ク・ソ・ク」主題歌

  4. 第 4 位 ( △ )
    Royksopp“Only This Moment”

  5. 第 5 位 ( ☆ )
    NHK総合・大河ドラマ「義経」テーマ音楽 [岩代太郎]


 FM長野リスナーを公言している私ですが、実は 長野市のコミュニティFM放送局「FMぜんこうじ」の受信報告第1号リスナーです(笑)。1995年 6月 7日 試験電波発射第1日の朝に受信報告書を書いて、市内東後町のスタジオへ直接持参しました。丁度開局準備の真っ最中で、フロワ―で打ち合わせをしている姿がありました。

 まだ局の受信確認証はなく、チーフディレクターの山崎文彦 氏から「受信報告 第1号 ありがとう ございました」と裏書押印した名刺を頂きました。後から送付されてきた受信確認証と共に、貴重な放送資料として保存しています。「最初にFMぜんこうじを聴いた人」として出演依頼もされましたが丁重にお断りしています(笑)。

 その際 タイムテーブル素案を見せて頂きましたが、明らかにFM長野の生ワイドを参考にしたと思われるコーナーも散見されました(笑)。当時のFM長野の人気からすれば、やむを得ない事かも知れませんが、生ワイドを編成し、その中のコーナーを編成していく、そしてパーソナリティーを当てはめていく、それでは 県域局と考え方が変わりません。

 全国に数多く開局したコミュニティFM局の中で、存在価値がある局が一体いくつあるか? 少々懐疑的な点もあります。どのコミュニティFM局も、タイムテーブルに強い個性が見えてきません。こんな例を思い出しました。私が昔聴いていた、福島県の県域単営AMラジオ局である RFCラジオ福島 には「火災速報」というのがあります。今も続いていると思います。

 RFCラジオ福島の火災速報は、主要市で火災が発生した時、通常番組やCM枠にカットインして速報します。コミュニティFM局段階の速報を、県域ラジオ局が何十年も前から行っているのです。コミュニティFM単位の緊急情報は、やる気になれば県域ラジオ局でも出来る気がします。要は ラジオ放送局の公共公益性に対する意識の高低なのです。

 究極のコミュニティFM局とは、24時間フィラー音楽を流し、伝える情報がある時だけアナウンスするというスタイルだと思う事すらあります(笑)。FMぜんこうじに関して、長野市議選の開票速報、大規模山火事の災害情報などは大変役に立ちましたが、普段の自社制作番組は、よくあるオーソドックスなスタイルを貫いています。

 2001年 4月にFMぜんこうじは、ネット番組を、東京のFM局“J-WAVE”の再送信に変更しました。さながら長野市内に“J-WAVE”の中継所が出現したかの様です。例えば 24時間 長野市消防本部から専用回線で、消防出動の速報をするなど出来ないものでしょうか? 長野市民として「FMぜんこうじ」の創意工夫に影ながら期待しているのです。


(追記) 2008年 3月に、長野市から松本市へ転居しました。


ブログ開始は 2003年です。

Mail-form


 頂いたメール内容の秘密は 厳守しています。

Search

Pageguide

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。お読み頂き ありがとう ございます。ここは、2005年07月15日 の週間選曲リスト と『 FMぜんこうじ と コミュニティFM 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しているテキストブログです。デザイン総てが、オリジナルの自作で構成されています。週 1回「定点観測」の積み重ねによって、信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。