FM長野 リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第404回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    JUJU「この夜を止めてよ」
    NBS KTV・ドラマ「ギルティ 悪魔と契約した女」主題歌

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    NBS KTV・ドラマ「ギルティ 悪魔と契約した女」劇中効果音楽 [住友紀人]

  3. 第 3 位 ( ⇒ )
    葉加瀬太郎「ひまわり」
    NHK総合・連続テレビ小説「てっぱん」テーマ曲

  4. 第 4 位 ( ★ )
    abn テレ朝・金曜ナイトドラマ「秘密」劇中効果音楽 [溝口肇]
    ♪チェロの音色が澄み渡る劇伴トラックは佳曲。

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    alan「悲しみは雪に眠る」


 戦後から続く民放ラジオの歴史の中で ひとつだけ断言出来る点は、深夜放送からラジオ全体の編成の流れが変わっていくという傾向です。

 例えばAMネットのオールナイトニッポンで長年先行した若年層志向の編成が、そのまま今のJFNネットの夜編成に受け継がれています。そして現在の深夜放送は、NHKのラジオ深夜便を始めとしてアダルト志向が定着してきました。

 では民放ラジオ深夜放送の最先端は、今どんな傾向が判るのでしょうか? その第1は「放送休止」です(笑)。

 半年間の放送休止を平日深夜に続けたSBC信越放送は、現在24時間放送へ復帰しましたが、全国のラジオ局で深夜放送を休止する時間は少しずつ増加しています。ですがJFN加盟局には、まだその傾向が現れていません。

 しかし、次の傾向は顕著に現れています。それが「フィラー」化です。音楽だけを流し途中一切DJをしないフィラー放送は、既にFM長野でも平日深夜4時から放送の「音楽自由区。」で聴く事が出来ます。

 JFNのキー局であるTOKYO FMは、聴取者の傾向に日本一鋭敏な放送局です。90年代からのM1・F1層 重視路線では、その鋭敏さからトップを走っていました。オフィシャル サイトもフラッシュ ガンガン(笑)の非常に先鋭的な作りでしたが(笑)最近では落ち着きのあるデザインに変わっています。

 TFMがタイアップした時代劇映画宣伝のため、髷を結った俳優の写真をサイトのトップページに、大きくフラッシュしていた時もありました。以前では全く考えられない事です。

 そして番組編成にも従来と違った新しい傾向が現れています。まず平日早朝に帯でクラシック音楽番組“SYMPHONIA”を放送開始しました。もちろんこの番組はフィラーです。

 そして平日夕方には、これも帯でニュース報道番組“TIME LINE”を始めています。明らかにTFMは、ゆっくりと舵を切り始めました。

 ある放送評論家によると、ラジオメディアのコストは パーソナリティ・DJのトーク量に比例するとの事。パーソナリティ・DJがラジオでトークする時間が、長ければ長いほど人件費はかかるという意味なのでしょうか(笑)。

 これは少々暴論だと思いますが、深夜のフィラー放送は あながち その論理を立証している気もします。

 以前ブログにも書きましたが、ラジオの24時間放送は、緊急災害報道など強い公共・公益性の点からも、全国あらゆる地域で少なくとも1局 絶対に堅持しなければならないと考えます。

 しかし、総てのラジオ局が 24時間放送を社会的に義務付けられている訳ではないのです。放送事業会社にも地球温暖化対策のテーゼと行動は必要です。

 また音楽を愛するラジオリスナーの立場からは、このフィラー放送をニュース・気象情報などの提供があれば、案外 長時間受け入れる素地があります。

 今でも我が国放送史上最高の音楽放送は、1988年 8月から 9月にかけて放送されたJ-WAVE開局前の試験電波(放送)だったと断言する方さえいるほどです。

 J-WAVE開局前の試験電波(放送)は、毎日早朝から深夜まで時報とコールサイン アナウンス以外、ノンジャンル・ノンカテゴリの音楽が、人口約1000万人の首都圏へ東京タワーから延々と流されていました。まさに究極のフィラー放送だったのです。

 ラジオメディアに台頭してきた危機感は、メディアとしての収益性や そこで働く人々の職業としての将来性への不安から発しています。しかし、ラジオリスナーの生活には直接関係がありません(笑)。

 ラジオは、リスナーの生活において必要不可欠な佳き脇役であるべきなのです。そこからラジオメディアの収益性も将来性も生まれてきます。

 また この事に気づいて行動する方々こそ、ラジオメディアで生き抜いていけるはずです。淘汰の起点として、やはりラジオは深夜から変わっていくのです。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを即時表示します。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 お読み頂き ありがとう ございます。ご愛読者の皆様には、心から感謝申し上げます。

 ここは、2010年11月12日 の週間選曲リストと『 ラジオは深夜から変わる 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てがオリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。