FM長野 リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第406回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    JUJU「この夜を止めてよ」
    NBS KTV・ドラマ「ギルティ 悪魔と契約した女」主題歌

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    NBS KTV・ドラマ「ギルティ 悪魔と契約した女」劇中効果音楽 [住友紀人]

  3. 第 3 位 ( ⇒ )
    abn テレ朝・金曜ナイトドラマ「秘密」劇中効果音楽 [溝口肇]

  4. 第 4 位 ( ⇒ )
    葉加瀬太郎「ひまわり」
    NHK総合・連続テレビ小説「てっぱん」テーマ曲

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    alan「悲しみは雪に眠る」
    ♪作詞は 伊勢正三。


 大晦日 放送される「第61回 NHK紅白歌合戦」の出場歌手が決定しました。

 西野カナ・植村花菜・クミコ・HY・AAA(トリプル エー)の初出場が発表になっています。最多出場は「サブちゃん」北島三郎 の47回です。

 今回の「紅白」司会は、紅組・松下奈緒(初) 白組・嵐(初) 総合司会・阿部渉 アナ(2回目)紅組司会は、朝ドラヒロインからの抜擢です。

 アナ司会の登竜門である今年のラジオ実況アナは、小松宏司 アナ と 黒崎めぐみ アナが、担当します。なお連続・常連出場からの「落選組」は、美川憲一、北山たけし、大塚愛、中島美嘉など となっています。

 放送時間は 午後7時30分から11時45分までと、昨年より15分間短縮。24日の出場歌手発表記者会見の生中継を初めてライブ ストリーミングで視ましたが、出場歌手は 44組と昨年より 6組減り、初出場も 14組 → 8組 そして今年は 5組と、2年前の約3分の1にまで減少しています。

 例年になく出場歌手選考の事前情報は乱れ飛んでいました。しかし、殆どが噂の段階を出ず従来の路線は踏襲された結果でした。やはり決め手にかける人選ですが、出場歌手を減らしていくと締まってくる印象も受けました。

 私は、音楽チャートを極めるため(笑)独学で統計学を相当勉強した事があります。このブログでも度々書いていますが、視聴率や聴取率調査の標本化(サンプリング)設計上、少子高齢化社会が進行している今、高視聴率や高聴取率をマークするためには壮年層の支持が不可欠です。

 紅白出場歌手選考の重要資料は、人気投票でなく全国規模の世論調査とされています。

 2004年 第55回では 結果を公開した事もありましたが「あなたは今の内閣を支持しますか?」と同様に「あなたの好きな歌手は誰ですか?」と、老若男女平等に日本の縮図となるべく 無作為抽出された調査対象者(標本)へ設問します。

 すると先程の地方や壮年層のデータでは、知名度抜群の演歌系歌手が圧勝しているそうです。CD売り上げやダウンロード回数では計り切れない、広範な国民各層で構成される音楽嗜好の根底部分が、紅白選考のキャスティングボードを握っています。

 私が気になるのは、紅白勝敗の結果です(笑)。大多数の方には どうでもいい事かも知れませんが(笑)視聴者審査員制度を本格的に導入して以降、白組優勢ばかりとなり 5年連続白組が優勝しています。

 これでは 審査システムが破綻します(笑)。今年も視聴者審査員制度を続けるのか注目されましたが、昨年より1ヶ月ほど遅れて、やはり昨年同様の募集を開始しています。

 紅白の視聴者審査員は、世論調査でなく人気投票に類します。ですが設問は「紅か白か」の二者択一(笑)。しかも何十万人による二者択一ですから、その結果は世論調査に近接してきます。やはり空気が読める様な(笑)得点システムの再考は不可避かも知れません。

 80年代まで続いた開票速報本部の様な「得点集計センター」が懐かしいです。果して今年はどうなるでしょうか?

 毎年断言していますが(笑)年に一度、大晦日 午後11時45分ジャストの「紅白」エンディングから「ゆく年くる年」への急激な映像落差が大好きな私にとって「紅白」は なくてはならない番組なのです。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを即時表示します。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 お読み頂き ありがとう ございます。ご愛読者の皆様には、心から感謝申し上げます。

 ここは、2010年11月26日 の週間選曲リストと『 第61回 NHK紅白歌合戦 出場歌手 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てがオリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。