FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第299回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( △ )
    平原綾香「ノクターン」
    NBS フジ・木曜劇場「風のガーデン」主題歌

  2. 第 2 位 ( ▽ )
    樋口了一「1/6の夢旅人2002」
    abn HTB・バラエティ番組「水曜どうでしょう Classic」エンディング テーマ

  3. 第 3 位 ( ⇒ )
    CS 時代劇専門チャンネル・時代劇「痛快!河内山宗俊」テーマ音楽 [青山八郎]

  4. 第 4 位 ( ★ )
    GIRL NEXT DOOR「情熱の代償」
    abn ABC・ドラマ「ギラギラ」主題歌
    ♪エンドロールで流れる主題歌の扱いは酷いがガール・ポップの佳曲。

  5. 第 5 位 ( ★ )
    青山テルマ“You’re My Only Shinin’ Star”
    テレビ東京・Lドラ「Cafe吉祥寺で」主題歌
    ♪テレ東 初の昼ドラ主題歌は 中山美穂のカヴァーだが、原曲よりアレンジのレベルが高い佳曲。


 我が家で飼っているミシシッピ アカミミガメの ご存じ かめクン ですが、前足の爪を1本折ってしまいました。この様な事は、18年の飼育歴で初めての出来事です。本当にびっくりしました。どうも飼育ケースのフタの格子の部分に引っかけてしまい、爪を根元から折ってしまった様です。

 長年飼育していると気心が知れて、なにかリクエストがあると、きちんと行動で訴える様になります。先日 かめクン が、飼育ケースの窓から首と前足を出して、なにやら訴えていたのです。よく見てみると、左前足の爪が1本折れ 出血しているのを発見。飼育水も薄赤く染まっていました。

 急いで折れた爪の部分に、イソジン傷薬を多めにつけ乾かす治療を、止血するまで約 1時間ほど繰り返しました。折れた部分に、イソジンの凝固が埋まる様な感じです。洗面所に椅子を持ってきて、私も座りながらじっくり治療しました。 かめクンも治療されているのが解るのか、大人しくしていて、時折じっと飼い主を見上げています。

 アカミミガメの皮膚病に関しては、イソジン傷薬が大変有効です。うがい薬ではありませんので(笑)お間違いのない様に願います。イソジン傷薬には、今回の様な外傷の場合、消毒や小さな傷口を塞ぐには即効性があります。折れた爪の部分にイソジン傷薬を乾いたら垂らす、乾いたら垂らすを繰り返していくと、止血可能です。

 止血した後も、また出血してしまう事もありますので、いつもより少な目の飼育水を 8時間起きに全交換しています。これは傷口への細菌繁殖を防ぐ意味と、止血が続いているのを確認する意味があります。もしまた出血していれば、飼育水が赤くなります。さすがに やらかしてしまったと思っていたのか、うちの かめクン は、この期間 大変おとなしかったです(笑)。

 だいたい2日ほどで完治は確認できますので、それからは、通常の飼育に戻せます。爪を折ってしまった飼育ケースの原因の部分には、かめクンがまたチョッカイを出せない様に対策を取りました。それにしても飼育ケースの中で、ロッククライミングの様な真似をしていた かめクン には 参りました(笑)。

 かめクン は、その後 問題なく元気に暮らしています。現在スバイラルライトとバスキングライトで、曇天の日も日中は 暖かくしています。そのせいか真夏の半分ほどですが、この時期も まだエサを食べています。かめクン も 18年目ですので、これから緩やかに冬を過ごさせてやりたいと思っています。今年から冬眠期間を少しずつ短くするつもりです。


(追記) 2011年 1月から、かめクン の飼育方法を、加温飼育に切り替えました。

 

ブログ開始は 2003年です。

Mail-form


 頂いたメール内容の秘密は 厳守しています。

Search

Pageguide

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。お読み頂き ありがとう ございます。ここは、2008年10月24日 の週間選曲リスト と『 かめクン 爪を折る 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しているテキストブログです。デザイン総てが、オリジナルの自作で構成されています。週 1回「定点観測」の積み重ねによって、信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。