FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第193回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    NHK教育・教養番組「知るを楽しむ ~ 私のこだわり人物伝」テーマ音楽 [中村幸代]

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    “YOUR OWN EDEN”シンフォニック・イントロダクション [中谷靖]
    資生堂 テレビCM音楽

  3. 第 3 位 ( ⇒ )
    NHK総合・ドキュメンタリー番組「プロフェッショナル ~ 仕事の流儀」演出効果音楽 [村井秀清]

  4. 第 4 位 ( △ )
    木村カエラ“TREE CLIMBERS”
    モード学園 テレビCMソング

  5. 第 5 位 ( ★ )
    平原綾香“Voyagers”
    NHK総合・ドキュメンタリー番組「ダーウィンが来た! ~ 生きもの新伝説」テーマ曲
    ♪詞 と アレンジが番組のコンセプトに合致。


 26日に 衆・参両院本会議で、安倍晋三 自由民主党 総裁が、第90代(58人目)内閣総理大臣に指名されました。指名後 直ちに組閣へ着手し、午後 4時10分に、塩崎恭久 内閣官房長官が閣僚名簿を発表しました。NHK総合と民放テレビ 4局が生中継しています。組閣時は、恒例の「テント村」が首相官邸前に設営されます。しかし、東京は折からの雨が降っていました。

 内閣総理大臣指名選挙の獲得得票数は、衆議院 339票(71・2%)参議院 136票(56・6%)でした。

 NHKは、登坂淳一 アナが 全てスタジオから組閣情報を伝えています。組閣の際には、新閣僚に対する呼び込みを、マスメディアが取材するために、首相官邸前庭にテントを設営出来ます。これが「テント村」です。今回テント村からの放送は、アナブースがテントの手前まで占めてしまい、カメラなど外置きになるため、雨中の中継を避けたのかも知れません。

 新内閣の顔ぶれを見ると、安倍 首相の友人・側近、そして自らの当選に貢献した自民党総裁選での功労者で、閣僚のメンバーを まず選び、そこから固めていった陣容です。第1次小泉内閣の塩爺こと 塩川正十郎 財務大臣の様に、もう少し重厚な人材を登用しても良かったのでは? と私は感じました。安倍 首相は 二世議員で、特有の縁故主義・信賞主義が 前面に出た組閣でした。

 内閣総理大臣臨時代理 就任予定者の指定順位は、1位・塩崎恭久 内閣官房長官、2位・麻生太郎 外務大臣、3位・柳澤伯夫 厚生労働大臣、4位・久間章生 防衛庁長官、5位・尾身幸次 財務大臣 となっています。

 組閣後の新閣僚記者会見では、やはり麻生 新外務大臣の絶妙な「反問」攻勢が際立っていました(笑)。麻生 大臣は、前小泉内閣からのスライドになりますが、以前から このブログでも書きました通り座談の名手で「話芸」に秀でた数少ない政治家のひとりです。但し その話芸に使う語彙の守備範囲は、やや狭いのが気になりました(笑)。

 また新閣僚の中では、菅義偉(すがよしひで)新総務大臣が目を引きました。菅 総務大臣は、横浜市会議員から衆議院議員連続 4回当選しています。履歴を読むと、段ボール工場作業員と書いてありました。大学は、その仕事をしながら、学費を貯め苦学して卒業した様です。多くの政治家が公表としている経歴とは、まさしく対岸のスタンスが見られました。

 今まで衆議院・参議院 含めて、国会議員の履歴の中で最も印象的だったのは、参議院 大阪選挙区のタレント議員、西川きよし 氏でした。西川きよし 氏の選挙届け出の経歴は、たった3語。中卒、工員、漫才師、とだけ書いてありました。あくまでも私見ですが、こういった人物も全国民の代表たる国会議員に必要だと、率直に思いました。

 国会議員の経歴詐称は、公職選挙法違反です。今まで何人もの議員が、経歴詐称の問題を起こしています。それでも懲りる事無く、着飾る様な鬱陶しい経歴を発表する議員が多く見られます。その中で 菅 総務大臣の経歴には、西川きよし 氏と同じく人生に対するポリシーを感じました。今回の安倍 内閣では、麻生 外務大臣と菅 総務大臣に注目しています。


ブログ開始は 2003年です。

Search

Mail-form


 頂いたメール内容の秘密は 厳守しています。