FM長野 リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第735回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( △ )
    abn テレ朝・木曜ドラマ「緊急取調室」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [林ゆうき]

  2. 第 2 位 ( △ )
    ぼくのりりっくのぼうよみ「つきとさなぎ」
    テレビ東京・ドラマ25「SR サイタマノラッパー ~ マイクの細道」エンディング テーマ

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    NBS カンテレ・ドラマ「CRISIS 公安機動捜査隊特捜班」劇中効果音楽 [澤野弘之・KOHTA YAMAMOTO]

  4. 第 4 位 ( △ )
    NBS 東海テレビ・オトナの土ドラ「犯罪症候群」テーマ音楽 [やまだ豊]

  5. 第 5 位 ( ★ )
    Kamasi Washington“Truth”
    ♪冗長な感じもするが、サックスと多楽器が際立ち対位しているジャズ楽曲。


 我が国最高のテレビヒットチャート番組「ザ・ベストテン」には、全国のラジオベストテンを伝えるコーナーがあり、このブログでも取り上げた地元・信越放送の SBC歌謡ベストテン や、HBC北海道放送の ベストテンほっかいどう など、JNN系のラテ兼営局から週替りでパーソナリティーがやってきて、最新のランキングを紹介していました。

 その中で、音楽の風車 という風変りな番組名がありました。このBSS山陰放送の歌謡曲リクエストタイム「音楽の風車」こそ、月曜から日曜まで全日放送、なんと元旦から大晦日まで1日も休まず放送し続けるリクエスト番組だったのです。

 音楽の風車は、BSS山陰放送が放送開始した1954年から、全くスタイルを変えていません。音楽の風車 とタイトルコールの後、1951年に発表された津村謙「赤いマフラー」のインストゥルメンタルをテーマ音楽に、オープニングのアナウンスが始まります。

 「今日も昨日も そして明日も。あの町に この村に、吹き抜けていく そよ風に乗って、クルクルと回る風車のように、人々の口から口へ次々に歌われていく古い歌 新しい歌。皆様のご希望曲をお届けする 音楽の風車 のお時間です。今日もお昼前のひと時、どうぞごゆっくりお楽しみ下さい」。冬期はそよ風が七色の虹になりますが(笑)365日不変のメッセージが流れます。

 番組構成は いたってシンプルで、リスナーからのショートメッセージと、ご希望曲であるリクエスト曲を完奏。そしてCM。この繰返しだけで約2時間(日曜は1時間半)を貫きます。もちろんオープニングにもある通り、古い曲から新しい曲まで、東海林太郎 から Perfume まで(笑)邦楽ならば どの様なリクエストでも応じます。

 1日の放送で約 15曲以上はオンエアされ、それが 365日放送されるのですから、ご希望曲をリクエストすると採用率は極めて高く、当然の帰結として鳥取・島根両県のラジオ聴取率は、長年首位を独走しています。

 音楽の風車が現在まで 63年間 2万回以上も続いている理由には、まずリスナー本位の立場から、番組のスタイルを決して変えない点が挙げられます。担当パーソナリティーの個人色を全面に押し出したり、ゲスト依存の番組構成を絶対にしません。

 さらに歴代のBSS山陰放送経営陣が、この音楽の風車 を、鳥取・島根両県における最高の放送文化であると認識して、番組を守り抜いてきた歴史も背景にあると思われます。

 最近のラジオ番組は、パーソナリティーの人事と番組編成が常に連動し、番組の定着よりも先にスクラップ アンド ビルドが横行。ひとつの人気スタイルの番組を、リレーバトンの様にパーソナリティーが受け継いでいく概念が欠落しているのです。

 なんと 2010年からBSS山陰放送は、夜間のネット受けを止めて、昼間の音楽の風車を 土曜を除き夜22時から再放送しています。ここまで徹底したスタイルには、もはや脱帽です。「音楽の風車」は、1954年3月1日から 2017年の今日まで休まず回り続ける、我が国 最高峰の民放ラジオ番組なのです。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを即時表示します。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 お読み頂き ありがとう ございます。ご愛読者の皆様には、心から感謝申し上げます。

 ここは、2017年05月05日 の週間選曲リストと『 音楽の風車 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てがオリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。