FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第 6回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( △ )
    ABN テレ朝・ドラマ「はみだし刑事情熱系」テーマ音楽 [中村幸代]

  2. 第 2 位 ( △ )
    宇多田ヒカル“COLORS”
    トヨタ自動車 テレビCMソング

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    元ちとせ「この街」
    NHK総合・連続テレビ小説「まんてん」主題歌

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    ABN テレ朝・月曜時代劇「八丁堀の七人」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [栗山和樹]

  5. 第 5 位 ( ★ )
    中島みゆき「地上の星」
    NHK総合・ドキュメンタリー番組「プロジェクトX ~ 挑戦者たち」主題歌
    ♪邦楽を聴く中核世代が変化していく徴候を感じさせる佳曲。


 NHK総合テレビ初のテレソン「きょうはテレビの誕生日」16時間 生放送がグランドフィナーレを迎えていた 1日 23時33分、字幕テロップで「米国・スペース シャトル・コロンビアが消息を断つ」との衝撃的なNHKニュース速報が流れました。事もあろうに、テレビ放送開始 50周年記念イベントの最中、スペースシャトル消息不明の大事故が発生してしまいました。

 NHK総合テレビは、緊急ニュースの場合、どの様な人気番組を放送していても、最優先で臨時ニュース・特設ニュースをカットインしてきた伝統があります。テレビ 50年の歴史は、それを裏付けており、今回のNHK初のテレソンでも その報道の歴史を放送するコーナーがありました。通常なら特設ニュースへ番組変更になるほどの 重大事故の発生でした。

 しかし、華やかなグランドフィナーレは、事故に全く触れずに予定通り放送されていきます。続報となるニュース速報のテロップは、画面に連発していました。NHK全体を見回しても、総合テレビで現在 放送中の連続テレビ小説「まんてん」は、ヒロイン・宮地真緒が 宇宙飛行士をめざすストーリーです。番組編成的にも、このタイミングの悪さは 尋常でありません。

 最も劇的にと企画準備を進めていたであろう、NHK初となるテレソン・グランドフィナーレの時間に、まるでNHKの姿勢を試すか如き重大事故の発生は、例え1分間でも特設ニュースを挿入する様な臨機応変が効かず 事大主義に陥りつつある、NHKという巨大組織の実態を晒してしまいました。これからのテレビ放送の将来の厳しさも暗示しているかの様でした。

 結局 NHKは、ニュース速報だけを頻繁に流し、午前 0時のテレソン終了直後から、やっと特設ニュースに切り替わり、全中夜勤の阿部渉 アナが 消息を断ったコロンビアに関する情報を伝え始めました。午前 1時過ぎになって「コロンビア帰還直前で空中分解」との報道。消息不明のスペースシャトル「コロンビア」号乗務員全員 犠牲となった惨事が確認されたのです。

 1963年 日米初のテレビ衛星中継チャレンジの時、ケネディ 大統領 ダラスでの悲劇がおきました。予定されていた祝賀放送が全てキャンセルとなり、その成功した衛星中継で、ケネディ 大統領 急逝の特別ニュースが 生放送されています。あの機転 と 決断が、テレビ 50年史の重要な 1ページを織り成したのだと、ふと思い起こしたのは、私だけでしょうか?


ブログ開始は 2003年です。

Search

Mail-form


 頂いたメール内容の秘密は 厳守しています。