FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第428回ランキング

   
公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    ヤドランカ「誰かがサズを弾いていた」
    NHK総合・ミニ音楽番組「みんなのうた」4 ~ 5月 オンエアー曲

  2. 第 2 位 ( △ )
    NHK総合・ドラマ10「マドンナ・ヴェルデ」劇中効果音楽 [村松崇継]

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    NHK総合・連続テレビ小説「おひさま」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [渡辺俊幸]

  4. 第 4 位 ( ★ )
    CS 時代劇専門チャンネル・時代劇「網笠十兵衛」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [渡辺岳夫]
    ♪「同心暁蘭之介」同様、実にユニークな和音構成の劇伴音楽。

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    NHK総合・大河ドラマ「江 ~ 姫たちの戦国」劇中効果音楽 [吉俣良]


 以前このブログで書きました、Voice Of America(VOA放送)から郵便物を頂きました。私は、2ヵ月ほど前に、サイトのプログラム紹介が読みにくいから改善して欲しいと、意見する英文の手紙を航空便で送りました。それが どうも気に入られた様で(笑)放送局の大型カレンダーに、オバマ 大統領夫妻の絵葉書まで、返事として送られてきました。

 その中に“Radio Listener Report”の用紙も入っていました。航空書簡1通だけの意見なのに、これだけのプレゼントを頂き、少々面映いです。VOA放送リスナーの番号も付してあり、私は 5055番でした。米国 国務省直轄の国際放送局へ意見文を送る私も どうかと思いますが(笑)ちゃんと受け止めるVOA放送は 相当の度量です。

 国際テロリストの頭目 ウサマ・ビンラディン 容疑者への急襲作戦が、1日に 決行されました。その時に撮影されたホワイトハウスのシチュエーション ルーム(作戦司令室)の写真が公表されています。写真の中には、正副大統領・国務長官・国防長官・統合参謀本部議長らが、軍から送られてくる中継画面を食い入る様に見つめる姿も写っていました。

 その中にオードリー・トマソン 国家安全保障会議対テロリズム担当部長が映っており、その容姿に少し驚きました。まさに海外テレビドラマ“The West Wing”で視た、米国中枢部の光景に重なり合うものがありました。東日本大震災直後に国力と度量を、同盟国への友情として示した米国も、外憂内患を抱えているのです。

 VOA放送は、合衆国内外の最新ニュースを、全世界に伝える事を目的としています。そのニュース編集の姿勢は、国際国営放送局が仕掛けやすいプロパカンダを全面に出さず、公平・客観な報道を続けていき、そこから民主主義国家の雄としての存在感を示していく独自のスタンスを保持しています。それが最も端的に表れてるのは、毎正時のVOAニュースです。

 私がアメリカという国に ずっと好感を持ち続けているのは、学生の頃から、在日米軍放送のFEN(現・AFN)と、このVOA短波放送に親しんできたのが、大きな理由のひとつです。そして私の耳年増な(笑)英語力は、国防総省 と 国務省の放送サービスに依存して形成されました(笑)。また秋頃に この用紙で、VOA放送への意見や感想を、送ってみたいと考えています。


(追記) 2015年 8月14日の週間放送視聴日記に、VOA放送のログを取得。 2017年 8月18日には、VOA放送の今後 を掲載しました。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを即時表示します。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 お読み頂き ありがとう ございます。ご愛読者の皆様には、心から感謝申し上げます。

 ここは、2011年05月06日 の週間選曲リストと『 VOA放送からの返事 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てがオリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。