FM長野 リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第379回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    LOVE PSYCHEDELICO“Dry Town ~ Theme of Zero”
    NBS フジ・ドラマ「絶対零度 ~ 未解決特命捜査」メインテーマ
    ♪編曲は 安部潤。

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    abn テレ朝・ドラマ「臨場」劇中効果音楽 [吉川清之]

  3. 第 3 位 ( ⇒ )
    NHK総合・大河ドラマ「龍馬伝」テーマ音楽 [佐藤直紀]

  4. 第 4 位 ( △ )
    西野カナ「会いたくて 会いたくて」
    ジュエリーブランド ジェムケリー テレビCMソング

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    abn ABC・ドラマ「警視庁失踪人捜査課」劇中効果音楽 [Audio Highs・横山克]


 参議院議員選挙そして長野県知事選挙が、段々と近付いてきました。

 従来秋に行われていた県知事選挙は、田中康夫 前知事の不信任決議による辞職から その時期が変わりました。12年に1度のサイクルで参院選と極めて近い時期もしくはダブル選挙の可能性もあります。そして今年が最初のサイクルに当たります。

 普天間の米軍基地問題は、国民との約束とされる鳩山 首相の解決期限が迫ってきました。

 ただ鳩山 首相本人が「海兵隊が抑止力と思わなかった。学べば学ぶほど 連携して抑止力を維持していることが分かった」と正直に(笑)述べてしまった通り「学ぶ前は」国防の意識も知識も、自衛隊の最高指揮官である内閣総理大臣のレベルまで達してなかった様です(笑)。

 また民主党・小沢 幹事長の外交政策は、元々対米重視から離れたラインを想定し、その国防意識が意図的に醒めており、相乗して民主党の安請け合いへ繋がった感もあります。今度の参院選が民主党にとって逆風なのは間違いありません。

 7日に イギリス下院総選挙の開票速報を、BBCのネット配信で視る機会がありました。

 完全小選挙区制のイギリス下院は、第3極の「自由民主党」(日本の政党と全く同名称)が躍進。第1党となった保守党は 過半数を獲得出来ませんでした。

 イギリスの総選挙開票には不思議な伝統が根付いています。開票速報において 中間得票数の発表がありません。しかも全候補者を開票所ごとに呼び出し、選管が最終確定得票数を発表。その場で当選者決定のセレモニーをします。

 ですからBBCの開票速報は、そのセレモニーの生中継が中心で、発表された後に最終確定得票数を打ち込み、初めて開票速報のグラフィック表示となります。常に「当選」は一発決定され「当選確実」という概念がないのです。

 投票は 夜10時まで続くため、例の「出口調査」発表は その午後10時ジャストになります。

 ビックベンの鐘と共に発表された出口調査のヘッドラインは“HUNG PARLIAMENT”。直訳すると「宙ぶらりん議会」(笑)。どの党も過半数を獲得せず 中途半端な議会運営で、国政は混迷する可能性があると示唆しています。

 結局 労働党のブラウン 首相は退陣し、第1党となった保守党のキャメロン 党首が新首相に就任。第3党の自由民主党と連立政権を組閣しました。保守党と自民党には 政策の隔たりが大きく前途多難です。

 日本も多党乱立する現在の状況では、ある意味“HUNG PARLIAMENT”の流れと似ています。ただイギリスとは異なり、静かに「政界再編」の大きなうねりが 既に始まっています。


(追記) 28日 鳩山 首相は、普天間の米軍基地問題に関して政府方針を決定。その閣議決定に署名拒否した福島瑞穂 消費者・少子化担当大臣を罷免しました。社民党は連立政権から離脱しています。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを即時表示します。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 お読み頂き ありがとう ございます。ご愛読者の皆様には、心から感謝申し上げます。

 ここは、2010年05月21日 の週間選曲リストと『 日本の参院選 と 英国BBC開票速報 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てがオリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。