アナログ テープのデジタル化模索 - チャート★ドランカー BLOG

FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第327回ランキング

   
公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    阪井あゆみ「横顔」
    NBS KTV・ドラマ「白い春」主題歌

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    NHK総合・大河ドラマ「天 地 人」テーマ音楽 [大島ミチル]

  3. 第 3 位 ( △ )
    海援隊「早春譜」
    SBC TBS・水曜劇場「夫婦道」主題歌

  4. 第 4 位 ( ★ )
    Hey Monday“Homecoming”
    ♪Pat Benatar“Heartbreaker”に旋律が極めて類似しているがガールズポップの佳曲。

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    Raphael Saadiq“100 Yard Dash”
    ♪1位 2週、登場 7週。


 このブログでも 4 ~ 5年前 頻繁に話題にしていた、ビデオテープ コレクションの整理。松本市の現在の住居へ引っ越した際、重複品などを さらに処分し 現在約 200本を所有しています。

 しかし、この 1年に 1本もアナログ ビデオテープの録画を視る事はありませんでした。今の松本市の自宅へ引っ越してから、地元のCATVに加入し、昔のドラマや時代劇を視る機会が一気に増えたのも原因のひとつかも知れません。

 そして この間にビデオテープに保存していた 4作品のテレビドラマや時代劇を、CSなどで改めてデジタル録画してしまいました。こうなると当然、重複録画のテープが増えていく事になります。

 アナログテープのデジタル化とは、最良状態でのアナログテープの再生を、デジタル録画・録音するのが作業の前提です。という事は、全アナログテープを再生する時間が作業に必要となるのです。

 私の所有アナログテープには、絶対再放送不能な録画そしてラジオ番組録音も当然存在します。同じく 200本ほどあるオーディオ カセットテープからのラジオ録音デジタル化は、全く手付かずの状態です。

 特にラジオ録音をしてきたアナログ オーディオテープに関しては、一部ハイポジションでの録音や、ドルビーシステムを使用した録音があり、適切な再生機材が手元にない現状です。ハイポジやドルビーCが再生可能なカセットデッキを入手しなければなりません。

 ビデオカセットのデジタル化だけをやって、オーディオ カセットのほうは、業者に頼んで、一気にデジタル化してしまおうとも考えているほどです(笑)。いっそアナログテープのまま保存を続けるといった選択肢もありですが(笑)アナログテープの保存は、収納スペースを必要とします。

 デジタル化したアナログテープは廃棄に回して、占領されている(笑)スペースを空けていく事が、意外に重要な意味を持っています。アナログのデジタル化は、音質・画質の問題よりも、この収納スペースの問題が ポイントになってきました。

 アナログテープのデジタル化作業をやるのか? やらないのか? まだ迷っていますが、新規の録画・録音は デジタル化しており、1枚のDVDやCDに、いくつも収録出来る便宜さを考えると、なんとか時間や労力を費やさずデジタル化をする方法を模索しています。


(追記) 2010年 7月に、総てのアナログ録音テープのデジタル化が完了しました。

(追記) 2010年12月に、総てのアナログ録画テープのデジタル化が完了しました。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを即時表示します。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 お読み頂き ありがとう ございます。ご愛読者の皆様には、心から感謝申し上げます。

 ここは、2009年05月15日 の週間選曲リストと『 アナログ テープのデジタル化模索 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てがオリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。