世界最高齢のガラパゴス ゾウガメ - チャート★ドランカー BLOG

FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第149回ランキング

   
公開 : 
  1. 第 1 位 ( △ )
    D.D.D“Heart”
    ABN テレ朝・金曜ナイトドラマ「着信アリ」主題歌

  2. 第 2 位 ( ▽ )
    ABN テレ朝・ドラマ「相棒」テーマ音楽 [池頼広]

  3. 第 3 位 ( △ )
    NHK総合・金曜時代劇「慶次郎縁側日記」テーマ音楽 [川崎真弘]

  4. 第 4 位 ( ★ )
    加藤ミリア「ジョウネツ」
    ♪UAのカヴァだが独特の繊細感。

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    宇多田ヒカル“Be My Last”
    ♪1位 4週、登場10週。


 15日に オーストラリアの動物園で世界最高齢のガラパゴスゾウガメが、なんと「175歳」の誕生日を迎えました。このニュースを知り大変驚きました。スゴイの一言に尽きます。

 1830年11月に孵化して、進化論を最初に唱えた学者ダーウィンが 1835年ガラパゴスから連れてきたカメさんだそうです。ささやかなカメマニアの私としては、まさに世界史的なニュースです(笑)。

 日本で 1835年と言えば 天保6年。江戸幕府11代将軍・徳川家斉の頃。福沢諭吉や土方歳三が、このカメさんと同じ年に産まれています(笑)。ガラパゴス ゾウガメの本来の寿命は、さらに長く約 200年と言われ、研究家の間でも まだ識別固体の寿命測定が ほとんど未了だそうです(笑)。

 またガラパゴス ゾウガメは草食です。サボテンや青草をムシャムシャ食べているだけです(笑)。やはり地球上の生命体においては、穏やかな草食の動物こそ長寿の素養があるのでしょうか?

 ガラパゴス ゾウガメは、1日16時間も睡眠し 実勤は8時間程度(笑)。実勤と言っても、食べているか甲羅干しをして、のんびりと過ごしています。人間とは全く逆の生活サイクルで、ストレスがかかる生活とも無縁です。

 それにガラパゴス ゾウガメは、新陳代謝が大変スローペースで、かつ体内に相当量の水分・養分の備蓄が可能なので、一切食物を摂取しなくでも最長1年間生きていく事が可能だそうです。この生命力には驚嘆の一語です。

 日本で一番長生きな亀は、現在のところ上野動物園で飼っている やはりゾウガメの「タロウ」さん。推定年齢は 70歳を超えています。

 我が家で飼っているミシシッピ アカミミガメのご存知「かめクン」も、やっと冬眠にはいりました。今年で15回目になります。175歳のガラパゴスゾウガメさんに比べれば、ささやかなブログ的ニュースでしょうか?(笑)。

 かめクン の夏場の睡眠時間を計測した事はありませんが、暗くしていれば合計 10時間程度 目をつぶって寝ている感じです。日光浴している最中も、目をつぶっている時があるくらいです。

 その代わり起きている時は、エサくれガチャをしたり元気一杯です。活動時の機敏さは、のんびりした亀のイメージからは 意外にかけ離れています。日光浴が充分になると、丘から突然水辺に飛び込む その姿は、ダイビングと表現したほうが適切かも知れません(笑)。

 但しガラパゴス ゾウガメも、うちの かめクン も最大の弱点は、やはり ひっくり返ってしまった時です。あの巨体のガラパゴス ゾウガメが ひっくり返ってしまった時は、助力してあげないと非業の回復不能になってしまうケースもあるそうです。

 うちの かめクン の場合、ひっくり返ってしまうと、自分の首をテコの様に使い、体を元に戻そうとします。成功率ほぼ 100%で元に戻りますが、戻った後は必ず暫く動かず体を休めているのです。やはり しんどいのかも知れません。ですから かめクン がひっくり返ってしまった時は、飼い主として必ず元に戻る手伝いをし、過度の疲労をさせない様に心掛けています。

 うちの かめクン は、ここのブログ ペットに認定された(笑)我が家の家族の一員です。175歳のガラパゴス ゾウガメにあやかるべく、これからも穏やかに長生きして欲しいと願っています。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを即時表示します。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 お読み頂き ありがとう ございます。ご愛読者の皆様には、心から感謝申し上げます。

 ここは、2005年11月18日 の週間選曲リストと『 世界最高齢のガラパゴス ゾウガメ 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てがオリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。