FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第189回ランキング

   
公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    GARNET CROW「まぼろし」
    abn テレ朝・木曜ミステリー「新・科捜研の女」主題歌
    ♪繊細なビブラートに気付くと理解できる深みのある和声を有した楽曲。

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    NHK教育・教養番組「知るを楽しむ ~ 私のこだわり人物伝」テーマ音楽 [中村幸代]

  3. 第 3 位 ( ⇒ )
    柴田淳「紅蓮の月」
    NBS 東海テレビ・ドラマ「美しい罠」主題歌

  4. 第 4 位 ( ⇒ )
    NHK総合・ドキュメンタリー番組「プロフェッショナル ~ 仕事の流儀」演出効果音楽 [村井秀清]

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    Thom Yorke“Black Swan”


 テレビ草創期は、各局ともに外国映画放送枠が、数多く編成されていました。テレビ東京は、前身「東京12チャンネル」の開闢時代、つまり私が幼稚園の頃(笑)から、平日午後の外国映画放送を脈々と続けています。25年ほど前、その外国映画放送の後に、このドラマを初見しました。放送権とテープが、テレビ朝日 から テレビ東京へ流れていったのです(笑)。

 「ロンドン特捜隊スウィーニー」(テレビ朝日・1978年10月 ~ 1979年 7月 本放送)は、本国で劇場版も制作されるほど人気があった、70年代の英国刑事テレビドラマの傑作です。原題は“The Sweeney”。英国・民放テレビの“ITV”で制作されました。しかし日本では、本放送でさえ 金曜 深夜1時15分からの扱いだったのです(笑)。

 主役のリーガン警部に John Thaw(富田耕生)。部下のカーター刑事に Dennis Waterman(伊武雅之 → 伊武雅刀)。そしてハスキンス特捜部長は、イギリスの杉浦直樹はたまた角野卓造こと(笑)個性派名優 Garfield Morgant(岸野一彦)が演じています。このテレビドラマには、独特な映像の雰囲気 と 脚本の切れ味があります。

 このドラマの特筆すべき点は、Harry Southが作ったテーマ音楽です。エンディングのタイトルバックに流れる、哀調を帯びたアレンジのテーマ音楽は、心底へ染みていくほど美しく、和声・調性が整った外国テレビドラマの中で五指に入る優れた楽曲です。なお同じ旋律でもオープニングは、テーマ音楽がハイテンポなアレンジに仕上がっています。

 そのオープニングに出てくる“Sweeney”公用車のナンバープレートが、なぜか“NHK”なのです(笑)。また“PART 1”“PART 2”と、CMタイミングでテロップが出て、きちんとドラマを区切るスタイルも、日本のドラマにない律儀さを感じます(笑)。さらに犯人や刑事が、スーパーバンドのラジオ受信機を愛用しているシーンが時々登場します。

 “STAY LUCKY,EH? ”というエピソードには、ひと稼ぎしだ情報屋が、そのスーパーバンドラジオを買い、嬉しくて仕方がない顔で 初スイッチオンする 実にマニアックなシーンもあり、強烈な印象として残っています。この情報屋 と 私は 価値観が一致しているのです(笑)。「ロンドン特捜隊スウィーニー」には、他のドラマと異なる不思議な魅力があります。

(追記) 紹介したエピソードである、デスクワークのハスキンス特捜部長も、リーガン・カーター コンビ と ラストの銃撃戦に参加していた 第2シリーズ 第9話“STAY LUCKY,EH? ”と、第3シリーズ 第8話“SWEET SMELL OF SUCCESSION”の録画を デジタル化し、MPEGファイルで保存を続けています。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを即時表示します。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 お読み頂き ありがとう ございます。ご愛読者の皆様には、心から感謝申し上げます。

 ここは、2006年09月01日 の週間選曲リストと『 ロンドン特捜隊スウィーニー 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てがオリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。