FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第316回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    NBS KTV・ドラマ「トライアングル」劇中効果音楽 [澤野弘之・林ゆうき]

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    NHK総合・大河ドラマ「天 地 人」テーマ音楽 [大島ミチル]

  3. 第 3 位 ( ⇒ )
    COLDPLAY“LIFE IN Technicolor 2”

  4. 第 4 位 ( ⇒ )
    しまざき由理「AGAIN ~ アゲイン」
    CS ファミリー劇場・ドラマ「Gメン’75」主題歌

  5. 第 5 位 ( ★ )
    JUJU「やさしさで溢れるように」
    日産自動車 テレビCMソング
    ♪単調な旋律だがシンフォナイズされたアレンジ。


 キー局を始め全国民放テレビ局の広告収益が急減し、春の番組改編のテーマは「経費削減」だそうです。

 TBSでは 45年続いた昼ドラ枠を、3月一杯で終了させる事になりました。

 昔のTBS昼ドラ枠は、午後12時40分から「ポーラ テレビ小説」1時から「花王 愛の劇場」1時30分からMBS毎日放送 制作の「妻そして女シリーズ」1時45分からCBC中部日本放送 制作の「昼の連続ドラマ」と 4つも ありました。

 しかし「ポーラ テレビ小説」は 1986年 3月に終了。1992年 4月には、CBCとMBS制作の昼ドラ枠が「ドラマ30」として制作統合。そして2009年 3月、TBS系列から昼ドラが完全に消滅します。

 ブログにも書いていますが私は、なぜか昼ドラを視ながら昼食を取る巡り合わせで長年生活してきました。希有な「昼ドラ」男性有職視聴者(笑)を自称するほどです。既に高校時代から単位制に近い自由な校風だったせいか、昼ご飯は毎日校舎を抜け出し、近所の中華屋で食べていました(笑)。

 その時 視ていた、樋口可南子の主演デビュー作となるポーラ テレビ小説「こおろぎ橋」(1978年)は、何時までも心に残る水準の高い連続ドラマでした。劇伴音楽を 当時 新進の女性音楽家・丹羽応樹が担当し、主題歌も自ら歌っていました。

 大学を経て職に就いてから そして現在に至るまで、やはり何故か昼ドラの流れる環境での昼食が続いています。

 どちらかと言うと東海テレビ制作より、概してTBSの昼ドラ枠を視てきた感じです。愛の劇場「ぽっかぽか」「温泉へ行こう」シリーズは大変楽しめました。

 最近では 宮藤官九郎 脚本の「吾輩は主婦である」(2006年 放送)を、このブログでは絶賛。主婦中心のターゲット層を超越した昼ドラ「砂時計」(2007年 放送)の主題歌は、週間選曲リストで 1位を記録しています。その45年も続いたTBS昼ドラが無くなってしまうのは残念でなりません。

 ですが東海テレビ制作の昼ドラは 4月からも続行。そしてテレビ東京が 昨年から始めた昼ドラ枠「Lドラ」を、急遽 午後1時へ時間移動すると発表になりました。なんとTXNでは、テレ東のみ午後1時から遅れて放送する急遽さです(笑)。

 自宅でもCATVでテレ東が視られる環境になった私としては、やはり昼食時の昼ドラ視聴習慣を、まだ続ける巡り合わせなのでしょうか?(笑)

 昼ドラは、長年培ってきた放送文化の一端を担ってきました。例え経費縮減の建前が通っても、安易に一度破壊した放送文化を元に戻すのは並大抵の事でありません。


(追記) テレビ東京のLドラは 2010年春に終了しました。 東海テレビ制作の昼ドラも 2016年春に終了しました。全214作品 52年間に渡る放送でした。


ブログ開始は 2003年です。

Search

Mail-form


 頂いたメール内容の秘密は 厳守しています。