FM長野 リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第315回ランキング

   
公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    NBS KTV・ドラマ「トライアングル」劇中効果音楽 [澤野弘之・林ゆうき]
    ♪ドラマ内で多くの優れた劇伴が流れている。

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    NHK総合・大河ドラマ「天 地 人」テーマ音楽 [大島ミチル]

  3. 第 3 位 ( ⇒ )
    COLDPLAY“LIFE IN Technicolor 2”

  4. 第 4 位 ( ⇒ )
    しまざき由理「AGAIN ~ アゲイン」
    CS ファミリー劇場・ドラマ「Gメン’75」主題歌

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    城南海 ~ きずきみなみ「ピアノ」
    abn テレ朝・木曜ミステリー「おみやさん」主題歌


 先月末から主要携帯通信会社で「有害サイト アクセス制限サービス」が開始されました。

 携帯電話所有者が 18才未満の場合、閲覧できないブログやサイトが多くなっています。最も厳しい携帯会社では、指定サイト以外アクセス出来なくなりました。

 制度の要否はともかく、このフィルタリングのブラックリストを提供しているのが ネットスターという会社です。

 ネットスター社の行っている「カテゴリ分類」で、サイトやブログが有害カテゴリへ入ってしまうとブラックリスト掲載になります。例えば「大カテゴリ:不法、小カテゴリ:違法と思われる行為」に分類されると完全にアウトです(笑)。

 ネットスター社は、ひとつ ひとつ のサイトやブログを目視確認の上で分類しているとの事。まさか このブログもネットスター社に分類されているのでは? と確認してみました。なんと既に分類されていたのです。

 このブログのネットスター社カテゴリは「大カテゴリ:趣味、小カテゴリ:音楽」。ブラックではなくホワイトのカテゴリでした。安心しました(笑)。

 確かに個人ブログなので「趣味」音楽ブログだから「音楽」です。全く異議はありません(笑)。いつの間にかネットスター社の方が目視確認に いらっしゃったとは、本当に驚きました。

 ちなみにFM長野の公式サイトも調べたところ「大カテゴリ:趣味、小カテゴリ:娯楽一般」と意外な分類になっていました。ネットスター社さん、FM長野はラジオ局でメディアなんですけど(笑)。


(追記) 6年ぶりに、ネットスター社カテゴリを確認してみました。2015年 2月現在のネットスター社カテゴリは「大カテゴリ:趣味、小カテゴリ:音楽」と変化はありません。また“for Kids”と称する 子供向けのカテゴリが新設されており、このブログは「大カテゴリ:趣味・娯楽、小カテゴリ:音楽」になっています。


 季節外れの大変暖かい日が先週ありました。2月としては、各地で観測史上最高気温が続出しています。

 私の気管支炎ですが、その日を境に咳は減ってきました。普段と室温の設定は そんなに変わりありません。外気の暖かさのせいで不思議と快方へ向かった様です。

 また この暖かさで、家のベランダにある白梅の盆栽も一輪だけ花が咲いてしまいました。飼っているミシシッピ アカミミガメの かめクン も、この日から急にガチャ ガチャやりだし、すっかり春が来たモードです。


 このブログのカウンター(ページビュー)が、16日に 9万 を突破しました。ご愛読頂き ありがとう ございます。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを即時表示します。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 お読み頂き ありがとう ございます。ご愛読者の皆様には、心から感謝申し上げます。

 ここは、2009年02月20日 の週間選曲リストと『 ネットスター社 カテゴリ 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てがオリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。