FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第134回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( △ )
    ABN テレ朝・木曜ドラマ「菊次郎 と さき」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [坂田晃一]

  2. 第 2 位 ( ▽ )
    SBC TBS・ドラマ「女系家族」劇中効果音楽 [栗山和樹]

  3. 第 3 位 ( △ )
    一青窈「影踏み」
    JRA 日本中央競馬会 テレビCMソング

  4. 第 4 位 ( ★ )
    Billy Ban Ban「今は、このまま」
    三和酒類 iichiko テレビCMソング
    ♪歌詞のフレーズが耳に残る美しいCMを支える佳曲。

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    NHK総合・大河ドラマ「義経」劇中効果音楽 [岩代太郎]


 今週は、根強い人気の外国テレビ映画「超人ハルク」(日テレ・1979年 4月 ~ 1980年 7月・本放送)を 数本視ました。私が茨城に住んでいた頃、20年ほど前の日本テレビ(NTV)の土曜深夜は、読売新聞 東京本社スタジオから放送していた「読売新聞あすの朝刊」をはさんで「白バイ野郎ジョン&パンチ」と連続で本放送していました。

 私は当時、音楽チャート番組の記録と自主集計に のめり込んでいました。遠距離受信で聴いていた、土曜夜の名古屋・CBC歌謡ベストテンで自主集計が出来上がります。その後に 手書きのチャート表を 30位まで作成するのです。作成が終わった後「超人ハルク」と「白バイ野郎ジョン&パンチ」を視るのが、週に一度の楽しみでした。

 デビッド・バナー博士(Bill Bixby = 有川博)は、潜在意識や能力に関する実験中、誤って大量のガンマー線を浴びたため、激怒すると狂暴な緑色の大男「ハルク」に変身する身体になってしまいます。新聞記者ジャック・マクギー(Jack Colvin = 青野武)には、変身する秘密を知られ、研究所の爆発事故の際には、変身まで目撃されてしまうのです。

 デビッド・バナー博士は、その爆発事故で亡くなった事にして自らの墓標を建て、逃避 と 放浪の旅に出るのです。ジャック・マクギー記者は、デビッド・バナー博士 と ハルクを執拗に追跡。デビッド・バナー博士は、旅先でハルクへの変身を抑える治療法を模索し続けますが、出会った人達を巻き込む事件が起き、激怒して また変身してしまうのです。

 そして立ち寄った街にいられなくなり、また次の逃避の旅が始まります。その繰り返しの中で、エピソードのラストシーンに、ピアノソロで流れる悲しいほどに美しいテーマ曲。Graveyard Farewell“The Lonely Man Theme”の存在が、このドラマ最大の特徴です。ラストシーン と テーマ曲は、忘れ得ないほど大変印象的なのです。

 「超人ハルク」は、最後のテレビスペシャルで、ハルクすなわちバナー博士が逃避の果ての事故により、永遠の旅立ちとなるストーリーを以て完結しています。そして Bill Bixby 自身も その後 ガンで亡くなっています。レギュラーシリーズでは、ヨーガの達人に出会い、変身を抑えられたエピソードが好きでした。それらの録画を中心に保存しています。


(追記) 第18話「チャイナタウンの決闘」第21話「輪転機を止めろ!」第24話「逃避」第28話「チャイナタウンの再会」以上4エピソードを、CMをカットせずデジタル化し、MPEGファイルで保存を続けています。


ブログ開始は 2003年です。

Mail-form


 頂いたメール内容の秘密は 厳守しています。

Search

Pageguide

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。お読み頂き ありがとう ございます。ここは、2005年08月05日 の週間選曲リスト と『 超人ハルク 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しているテキストブログです。デザイン総てが、オリジナルの自作で構成されています。週 1回「定点観測」の積み重ねによって、信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。