FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第174回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    伴都美子「鵺の鳴く夜」
    NHK総合・木曜時代劇「柳生十兵衛七番勝負 島原の乱」主題歌

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    ナナムジカ「僕達の舞台」
    SBC TBS・ナショナル劇場「特命!刑事どん亀」主題歌

  3. 第 3 位 ( ⇒ )
    NHK総合・大河ドラマ「功名が辻」テーマ音楽 [小六禮次郎]

  4. 第 4 位 ( ⇒ )
    NHK総合・木曜時代劇「柳生十兵衛七番勝負 島原の乱」劇中効果音楽 [梅林茂]
    ♪今週の第6回 放送では 20時04分から 3分間の劇伴音楽がリスト対象。

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    つきよみ「涙ひとつぶ」
    abn テレ朝・木曜ミステリー「京都地検の女」主題歌


 14日の深夜に SBC(信越放送)ラジオは、特別番組「亀渕昭信のオールナイトニッポン ~ 35年目のリクエスト・青春のかけら届けます」を、LFニッポン放送と同時ネットでオンエアーしました。ライブドアのLF買収劇混乱の責任を取る形で辞任した、亀渕昭信 前ニッポン放送社長が、社員パーソナリティ時代から数えて 33年ぶりにマイクの前へ立ったのです。

 私が亀渕 アナウンサーの放送をリアルタイムで聴いたのは、オールナイトニッポンの後に担当していた日曜 朝8時からの「ポップス・ベストテン」。まだ私が小学生の頃でした(笑)。早朝の洋楽番組でも しっかりとスポンサーがついていて、女性局アナと 漫才のような掛け合いで(笑)最新順位を毎週発表し、年末の年間ベストテンは、公開収録で放送していました。

 FM長野の大岩堅一 元アナと似て、音楽知識を理屈っぽく(笑)語っていたのが記憶に残っています。当時は、ポップスベストテンの後に「不二家歌謡ベストテン」を放送。他局でも同じく日曜 朝 8時台に、TBSラジオで 久米宏 アナ と 小島一慶 アナ。11時台には、QR文化放送で みのもんた アナが、それぞれヒットチャート番組を放送していた 黄金時代 だったのです。

 昨年 2月 ニッポン放送の新株予約権大量発行の記者会見で、私は ひさびさに亀渕 社長の声を聴きましたが、昔と全く変わらない滑舌の良さに驚きました。亀渕 前社長は、マイクから離れた後、編成部長 → 編成局長 → 取締役 → 常務 → 専務 → 社長 と駆け上がった管理職 33年間を まるでワープするかの様に、ベテラン アナウンサー並みのレベルを維持していました。

 リスナー と パーソナリティーを同じ目線で捉え、ラジオ局の社長まで昇りつめた社員パーソナリティが、35年前のリクエスト葉書から、一(いち)ラジオDJとして当時のリスナーを追った純粋な番組構成は、アナログラジオの世界に先導の光を灯す素晴らしい内容で感動すら覚えました。不毛のライブドア騒動でしたが、亀淵 アナの復活という 思わぬ佳い出来事もありました。


(追記) 2009年 4月から、NHKラジオ第1放送で「亀渕昭信のいくつになってもロケンロール!」を開始。亀渕昭信 氏は 本格的なラジオDJとして復帰しました。


 このブログが『Inforseek モバイル』で「新着オススメ」5サイトのひとつに選ばれ、17日から約 1週間紹介されています。ありがとう ございました。


ブログ開始は 2003年です。

Mail-form


 頂いたメール内容の秘密は 厳守しています。

Search

Pageguide

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。お読み頂き ありがとう ございます。ここは、2006年05月19日 の週間選曲リスト と『 亀渕昭信のオールナイトニッポン 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しているテキストブログです。デザイン総てが、オリジナルの自作で構成されています。週 1回「定点観測」の積み重ねによって、信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。