FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第233回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( △ )
    高杉さと美「旅人」

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    NHK総合・大河ドラマ「風林火山」テーマ音楽 [千住明]

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    Swing Out Sister“Secret Love”
    花王化粧品 テレビCMソング

  4. 第 4 位 ( ☆ )
    abn テレ朝・木曜ドラマ「菊次郎 と さき」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [坂田晃一]

  5. 第 5 位 ( ★ )
    FLOW“Answer”
    TSB 日テレ・ドラマ「探偵学園Q」オープニング テーマ曲
    ♪隙のないドライブ感とキレのいいタイトルバック。


 全国のラジオ・テレビ局(放送事業者)は、放送法 第3条の4の規定に基づき「放送番組審議会」の設置が義務付けられています。

 放送番組審議会は、放送事業者の諮問に応じ、放送番組の適性を図る為に必要な事項を審議します。また放送事業者に対して、法的に大変強力な「勧告」や「見解」を出す事もできます。

 但し この伝家の宝刀を抜いたという話は 聞いた事がありません(笑)。通常の放送番組審議会では、局からの事業報告と番組試聴による合評が行われています。

 FM長野 公式サイトの会社概要に掲載されている「第186回 放送番組審議会報告」には、局側の発言として「来年度(2007年度)の聴取率調査は 共同調査も考えている」と記してありました。

 ラジオの聴取率調査は、謎に包まれています。ですが その調査期間は 公知の事実です(笑)。スペシャルウィークと称するキャンペーンで解ります。在京ラジオ局では、2ヶ月おきに この「スペシャルウィーク」がやってきます。

 普段ラジオ聴取の習慣がない人々を引き付けようとするあまり、いつも聴いているリスナーに対して 妙な疎外感を植え付けてしまうのが、この「スペシャルウィーク」なのです。

 今週 FM長野もSBCラジオもスペシャルウィークに入っており、9日から15日まで ビデオリサーチ社による長野県で初の「聴取率共同調査」期間だと推定されます。

 私は、非公開の「ラジオ聴取率調査」の結果表を、全ページコピーで放送資料として所有しています。SBC発注の 2001年 6月調査のものです。

 入手ルートは 守秘。また聴取率の数字も著作権があり公開出来ませんが、その内容は 実に微細な世界でした。深夜帯に1サンプルの聴取が記録され、コンマいくつの数字が付いているケースが散見できますが、完全に誤差の範囲で 統計学的な有意性は疑問です。

 9割以上のサンプルが「ラジオを聴かない」と回答し、僅か1割で結果は決まるため、年齢層・職業別 色々な切り口により、様々な微差の勝者を作り得るのが聴取率調査の実態なのです。

 自動車までプレゼントするSBCラジオに対し、FM長野もクイズや物まねハンター(笑)で盛り上げるかと思いきや、意外に正攻法なのにはステーションの良心を感じました。FM長野を応援している私としては、聴取率調査に踊らされない良心の指し示す方向を信じたいと思います。


(追記) Radikoとラジオ聴取率の統計学的関連性について、週間放送視聴日記(2011年 2月25日)「第19回 国勢調査結果速報」で考察しています。


ブログ開始は 2003年です。

Mail-form


 頂いたメール内容の秘密は 厳守しています。

Search

Pageguide

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。お読み頂き ありがとう ございます。ここは、2007年07月13日 の週間選曲リスト と『 ラジオ聴取率調査 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しているテキストブログです。デザイン総てが、オリジナルの自作で構成されています。週 1回「定点観測」の積み重ねによって、信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。