FM長野 リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第758回ランキング

   
公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    JUJU「いいわけ」
    NHK総合・ドラマ10「この声をきみに」主題歌

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    狩野泰一&宮本貴奈「音紬ぎ」
    NHK Eテレ・古典芸能番組「日本の話芸」テーマ音楽

  3. 第 3 位 ( △ )
    NHK総合・ドラマ10「この声をきみに」劇中効果音楽[fox capture plan]

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    BS Dlife・海外テレビドラマ「NCIS ~ ネイビー犯罪捜査班」テーマ音楽 [Maurice Jackson]

  5. 第 5 位 ( ★ )
    CHOYA 成熟篇 テレビCM音楽 [音楽制作者 不詳]
    ♪曲目不詳。洗練された調性を有する僅か15秒間のインストゥルメンタル。


 5日に スウェーデン・アカデミーは、今年のノーベル文学賞を、カズオ・イシグロ 氏に授与すると発表しました。

 カズオ・イシグロ 氏は、ご両親が共に日本人で、長崎県長崎市生まれの日系英国人です。NHKは、5日 午後8時04分に「ノーベル文学賞にカズオ・イシグロ氏 日系イギリス人のベストセラー作家」とニュース速報を打ちました。

 ところが、その後1時間ほど各局ともに全く報道がありませんでした。全くのノーマークで、報道資料集めに時間がかかったのだと思われます(笑)。20時から始まったBSフジLIVE プライムニュースでも、生出演した安倍 首相とのディベートを淡々と伝えていました。

 ノーベル文学賞に関しては、とある国内著名作家のファンが、毎年発表の時期になるとイベントを催し、参加者が落選を噛みしめています(笑)。ノーベル賞は、そんなイベントでの劇的効果を期待できるほど、甘い国際アワードではありません。

 特にノーベル文学賞は、受賞者の居住国や出身国のバランスをとって決めています。今回我が国出身の作家が受賞した事で、よほどの特筆できる理由でもない限り、日本関係作家の受賞は、ここ数年 難しいと思われます。

 昨年のノーベル文学賞受賞者は、受賞者として値するのか疑問が沸くほど、人としての礼儀や社会性から かけ離れた対応をし、ノーベル委員会が右往左往しました(笑)。秘密のベールに包まれた選考審査過程でも議論になった事は間違いなく、ノーベル委員会は懲りたのだと思います。

 今年の受賞者カズオ・イシグロ 氏には、受賞連絡の際に、授賞式には出席されるのかどうか尋ねてきたのだそうです。その問い合わせに対して「他の予定はキャンセルして出席する」と即答しています。ノーベル委員会は、きっと安堵した事でしよう(笑)。

 カズオ・イシグロ 氏の「日の名残り」を、ハヤカワ文庫で読んだことがあります。同じ英国の作家スーザンクーパーの「コーンウォールの聖杯」が好きで、図書館でもう一度借りたいと探していた時に「日の名残り」の存在を知りました。

 「日の名残り」は、今で言えば ダウントン・アビー的な執事の世界が描かれており、歴史に翻弄されても貫こうとする大英帝国の貴族階層を支える独特な世界観に満ちていました。

 図書館経由の通読だけなので所有しておらず、受賞決定後 慌てて注文しようとしましたが、既に在庫切れ入荷待ちの状況でした。電子書籍なら入手可能ですが、このブログでも書きました通り、やはり紙の本(笑)でないと と言った感じです。

  その注文が殺到している出版の早川書房は、老社長が記者会見し、いかにカズオ・イシグロ 氏が誠実な人柄なのか、エピソードを挙げて力説していました。そして日本に感謝したいとの本人の言に、あの「日の名残り」の世界観が、実は日本的な優しい達観も貫いていると気づきました。「コーンウォールの聖杯」の隣に「日の名残り」を早く揃えてみたいです。

 ノーベル文学賞、本当に おめでとう ございます。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを即時表示します。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 お読み頂き ありがとう ございます。ご愛読者の皆様には、心から感謝申し上げます。

 ここは、2017年10月13日 の週間選曲リストと『 2017年 ノーベル文学賞 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てがオリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。