FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第847回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( △ )
    NHK総合・土曜時代ドラマ「雲霧仁左衛門」テーマ音楽 [遠藤浩二]

  2. 第 2 位 ( △ )
    Survive Said The Prophet“Right and Left”
    Honda テレビCMソング

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    abn テレ朝・木曜ドラマ「緊急取調室」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [林ゆうき]
    ♪1位 6週、登場29週。

  4. 第 4 位 ( △ )
    BS Dlife・外国テレビドラマ「エレメンタリー ホームズ & ワトソン in NY」テーマ音楽 [Sean Callery]

  5. 第 5 位 ( ★ )
    NBS フジ・ドラマ「監察医 朝顔」劇中効果音楽 [得田真裕]
    ♪抑制された和音構成だが洗練された印象を受けた。


 最近のモバイル サイトは、ちょっとニュースを読むだけにしても、抜粋や冒頭数行しか書いていないものが目立ちます。スクロール広告が追跡を止めず(笑)例の続きを読むボタンを押してみると、インタースティシャル広告が画面全体を覆ってしまったりとか、ニュースを読む気が完全に失せてしまいます(笑)。サイトに蔓延している営利主義には辟易しています。

 最近気になるのは、ひとつの記事の先頭に置いてあるアイキャッチ画像です。記事からの訴求力を高めるのが目的だそうですが、同じ様なサイズの広告を記事の合間に挟んでいる状態で、冒頭にどうでもいい(笑)アイキャッチ画像を置いても、どんな訴求力を高めるのか? はなはだ疑問です。記事からの訴求力を高めたいならば、まず記事の間に広告を挟めない事です。

 このブログは、アイキャッチ画像などを一切使っていませんが、W3Cアイコンやブログマークなどは、画像を使っていました。ところがHTML5やCSS3の合格アイコンが、作成されていないのです。特にCSS3のほうは、文法自体も更新されておらず、私のブログは合格なのですが、最新のベンダーについては、未知だとか(笑)警告が表示される始末なのです。

 そこで段落整序作業が終わったあたりから、熟考していたのですが、思い切って このブログから画像を一掃する事にしました。但しブログ写真館は、画像がなければ成立しません(笑)。それとメールフォームに掲載されているアドレスは、従来通りスパム防止のため画像で表示します。それとファビコン。この3点以外は画像を総て排除しCSSでデザインしました。

 まずブログマークは、8分音符をテキストで表現し、ファビコンと色彩を逆転させています。つまりファビコンは、ライトグリーンに白抜きですが、ブログマークは、白地に8分音符をライトグリーンで表現しています。ブログマークは、定着しているファビコンを色分析にかけてカラーコードを取得し、全く同じライトグリーンにした上で、総てのページに掲載しました。

 そして前述のW3Cアイコンも、既製の画像を止めて、普及しているチェックマークをベースに、CSSで独自にデザインしました。W3Cの検証ページにリンクしており、文法チェックと合格の確認が出来ます。W3Cが合格アイコンを新規作成しなくなった今では、例え作成を再開したとしても、画像を使用せず独自のデザインで表現する事は許容されると考えました。

 また最新リストに表示されるNEWマークも、点滅機能を付けてCSSで自作し、FEEDアイコンもCSSだけで作りました。既にアクセスカウンターもPHPを使ってテキスト表示に切り替えており、トップページや個別リストのページなどは、PC・モバイル共に全く画像がない状態を維持しています。真の意味での「テキストブログ」を具現してみました。

 長年トップページに掲載してきたブログ ペット「かめクン」の写真も、トップページからブログ写真館へお引っ越ししました。ブログ ペットの地位は そのままです(笑)。またファビコンの姉妹品(笑)であるスマートフォン向けの apple-touch-icon も、呼び出せば画像が出てきます。但し今回からブログマークと 色彩デザインを統一しました。

  apple-touch-icon は、設置しないと沢山の呼び出しが空振りになる事が解り、数年前に設置しました。それだけ このブログをスマートフォンでご愛読して頂く方が多く、心から感謝申し上げます。ただ基本のブログ表示には、画像の呼び出しが全くなくなりました。個人発信のサイトそしてブログは、本来この様な形態が理想だった気がします。


ブログ開始は 2003年です。

Search

Mail-form


 頂いたメール内容の秘密は 厳守しています。