FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第527回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( △ )
    LUHICA「独り言花(ひとりごとばな)」
    資生堂 テレビCMソング

  2. 第 2 位 ( △ )
    普天間かおり「遥かな愛・・・」
    NHK総合・ドラマアンコール「蝉しぐれ」主題歌

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    CS 時代劇専門チャンネル・時代劇「風車の浜吉捕物綴」テーマ音楽 [渡辺俊幸]

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    Sissel“Weightless”
    NHK BSプレミアム・ドキュメンタリー番組「追跡者 ザ・プロファイラー」テーマ曲
    ♪1位 3週、登場12週。

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    NHK総合・大河ドラマ「八重の桜」テーマ音楽 [坂本龍一]


 円安が進んでいます。昨年11月に 79円台だった東京外国為替市場のドル円相場は、今週 99円台まで円安が進行しています。アベノミクスと呼ばれる安倍 首相の積極的な金融施策と、機動的な経済成長戦略が強く影響している様です。その経済施策の根幹になっているのは、新たに就任した日本銀行 黒田東彦(くろだ はるひこ)総裁の存在です。

 流通する日本銀行券 つまりお金の総量を「2年で2倍」に増やす量的緩和制度を導入。70 ~ 100兆円ものの新たな紙幣を増刷して、市場へ投入する決定をしました。このブログでは、東日本大震災の直前の頃 当時の菅直人 首相のボキャブラリー不足を批判した際、進行していた円高 と 莫大な国債発行残高は、矛盾していると書いた事がありました。

 特に「お札を刷っている日本銀行が国債を買い取っていけば いいじゃ ないか? などとは考えては いけません(笑)。」とも書いてもいます。なんと黒田 日銀総裁は、それを実行すると発表してしまったのです(笑)。黒田 日銀総裁は、毎月の日銀による国債買い入れを倍にすると重要方針を公開しました。お札の刷る量を倍にして、どんどん国債を買い取っていくと言うのです。

 ブログでも書いた「考えないほうがいい」方法を採用したのです。驚く事に長期国債の約7割を 日銀が引き受けるとの方針だそうです。普通の国家が、中央銀行の自国国債引き受けを一気に増加させれば、当然長期金利は上昇するはずです。国債の金利が上昇するとは、即ち利息が高くないと国債という借金が出来ない事を意味します。

 やり方を間違えると 国内で国債は暴落し、金融危機も招きかねない手法です。国債の暴落とは、即ち東京金融市場において長期金利の急上昇から始まります。ところが黒田 日銀総裁が この施策を発表した直後、上昇ではなく、長期金利は 過去最低の0・3%台に突入してしまいました。経済の教科書では、全く真逆な結果になっています。

 日本国債の信用度に大きな揺らぎは みられません。東京株式市場も 日経平均株価が、1万3000円台となり活況を呈してきました。巨大な残高のある日本国債は、戦時国債のように湯水の如く弾薬へ消えて無くなったわけではありません。ほとんどが国内で調達され、無駄な公共事業もありましたが(笑)国内で使われ原則 国土へ留保されてきました。

 黒田 日銀総裁は、財務省財務官を経験したリフレ(リフレーション)政策推進派の先鋒です。リフレ政策とは、デフレ状態を正常に戻すために、適正なインフレを意図的に起こす金融政策の事です。その政策実施は、仕掛け と 引き際が重要で、私は 黒田 総裁を従来の歴代総裁と全く異なる「相場師」的感覚のある、新しいタイプの日銀総裁だと思いました。

 しかし、相場には 失敗があります。もしリフレ政策が行き過ぎると、コントロール出来ない物価の上昇や国債の暴落(長期金利の急騰)など、日本経済が危機的状況になる可能性はあるのです。一度増やしたお札の量を、また元に戻す事は 困難が伴います。国債発行を減らす努力は 必要で、相場師的ではない地道で着実な日本経済の誘導も、日本銀行には求められています。


 このブログのカウンター(ページビュー)が、6日に 23万 を突破しました。ご愛読頂き ありがとう ございます。


ブログ開始は 2003年です。

Search

Mail-form


 頂いたメール内容の秘密は 厳守しています。