FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第526回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( △ )
    CS 時代劇専門チャンネル・時代劇「風車の浜吉捕物綴」テーマ音楽 [渡辺俊幸]

  2. 第 2 位 ( △ )
    LUHICA「独り言花(ひとりごとばな)」
    資生堂 テレビCMソング

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    Sissel“Weightless”
    NHK BSプレミアム・ドキュメンタリー番組「追跡者 ザ・プロファイラー」テーマ曲

  4. 第 4 位 ( ☆ )
    普天間かおり「遥かな愛・・・」
    NHK総合・ドラマアンコール「蝉しぐれ」主題歌
    ♪放送が不定期になっている。

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    NHK総合・大河ドラマ「八重の桜」テーマ音楽 [坂本龍一]


 FM長野は、この春 目立った自社制作番組の異動がありませんでした。3月に 6番組あった緊急雇用創出(対応)事業に基づく県内自治体発信番組が 一斉に終了し、長野県のランチタイム@信州だけになりました。調べてみましたら、どうも緊急雇用創出(対応)事業には、厳密な予算枠があり、やはりカンフル剤的効果だけで使い切ると終了してしまうのかも知れません。

 FM三重やRADIO BERRY(FM栃木)などで、緊急雇用創出のFMラジオ活用事業の番組は続いています。今回の改編では“SUNTORY SATURDAY WAITING BAR AVANTI”が終了しました。広いリスナー層を対象に、21年間続いた土曜夕方の番組でしたが大変残念です。またひとつJFNの長寿番組が消えてしまいました。

 名古屋のZIP-FMでは、この春改編から開局以来の方針だった16 ~ 34才までのコアターゲットを見直し、全年齢を意識したアクティブ・シニアを含めるステーションを目指していくと、稲葉 社長がプレス発表しました。少子高齢化社会を迎えた今、実に妥当な判断です。若年齢層のコアターゲットは、ネット社会に始めから親しんでおり、ラジオに強い愛情を示しません。

 以前ブログにも書きましたが、FMラジオに関する低年齢へのターゲットシフトは、FM横浜開局時に小谷野修 専務取締役が独創していった手法です。あくまでも横浜という若者の町のイメージに合致させようと開発したのですが、今では 全国で地域差なく採用されてしまっています。FM長野には、ZIP-FMの様に全年令にシフトした、穏やかな自社制作を期待しています。


 FM長野 自社制作番組リスト
 (敬称略 ・【 】内は整理順位)


 2013年 4月 現在

  1. 【1】echoes
       月 → 木 1600 ~ 1855
       小林新・渡辺麻衣子・田中利彦・なるみ・小出真保・唐木さやか・湯澤かよこ

  2. 【2】Oasis 79.7
       月 → 木 0730 ~ 1000
       伊織智佳子

  3. 【3】Good morning radio!
       金 0730 ~ 1049
       小林新

  4. 【4】Vitamin Marche
       月 → 木 1500 ~ 1549
       佐々木香代・高寺直美

  5. 【5】346 GROOVE FRIDAY!
       金 1600 ~ 1900
       三四六

 開局時(1988年10月)から 25年間の全リストは、ブログの Basic List に掲載しています。


ブログ開始は 2003年です。

Search

Mail-form


 頂いたメール内容の秘密は 厳守しています。