【臨時のお知らせ】  まもなくサーバの移転作業を行います。
ブログへアクセス出来なかったり、SSLが効かない事がありますが、予めご了承ください。

第197回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    NHK教育・教養番組「知るを楽しむ ~ 私のこだわり人物伝」テーマ音楽 [中村幸代]

  2. 第 2 位 ( △ )
    中島みゆき「銀の龍の背に乗って」
    NBS フジ・木曜劇場「Dr.コトー診療所2006」主題歌

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    abn テレ朝・ドラマ「相棒」劇中効果音楽 [池頼広]

  4. 第 4 位 ( ★ )
    倖田來未「夢のうた」
    abn テレ朝・木曜ドラマ「だめんずうぉ~か~」主題歌
    ♪複数の旋律類似は明らかだが和声は損われないバラード佳曲。

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    NHK総合・ドキュメンタリー番組「プロフェッショナル ~ 仕事の流儀」演出効果音楽 [村井秀清]


 今、FM長野の看板番組は何か? 即答をするのが難しいと思います。全放送番組を通して考えてみると、平日(火 ~ 土)深夜 0時からの“JET STREAM”は、不変の看板番組に間違いありません。そして 1992年 4月に放送開始した、土曜夕方の“SUNTORY SATURDAY WAITING BAR AVANTI”もやはり看板番組だと思います。

 以前 看板番組だった日曜夕方の「サウンド アドベンチャー」終了後、いくつかの後発番組が生まれました。現在 同時間帯に放送中の“NISSAN あ、安部礼司 ~ beyond the average”も、なかなかユニークだと各方面から声があります。「アバンティ」のドラマ版というべきもので、オンエアーされる邦楽の選曲センスは抜群です。

 その他 JFN系での“Adult Oriented Radio(AOR)”も個性的で、これからの看板番組候補に類すると思っています。その昔 FM長野にも「マイ・ハーティ・タイム」など自社制作の看板番組がありました。しかし、ここ数年の自社制作番組、特に帯の生ワイドはスクラップ&ビルドが殆どで、なかなか看板番組は育っていないのが現状です。

 いずれにしても個人商店的でなく(笑)フォーマットを代々のパーソナリティ・スタッフが引き継いでいける様な番組のみ、FM長野 そして JFNの看板番組と称される資格はあります。奇をてらわず 実際 10年 15年と長年に渡り放送を続けてこそ、看板番組として認められるのだと思います。番組の継続期間は、看板番組か否かの重要な判断基準に間違いありません。

 そうなると 5分ミニ番組にも看板番組があります。「FM長野ニュース」も看板番組かも知れませんが(笑)やはり 1988年10月の開局以来 18年間、毎週 日曜 13時55分から休まず放送を続けているクリエイティブ・ヨーコ(本社・長野市)提供の「いい旅ともだち」は、FM長野の隠れた看板番組だと思っています。

 もしかすると、20年 30年先の看板番組は、フィラーの音楽放送枠だったと言う事にもなりかねません(笑)。ただラジオメディアは、リスナーの生活の無くてはならない脇役であり続けるべきで、その点から考察していけば、フィラーの音楽放送枠は、あながち看板番組になり得る素地が あるのかも知れません。看板番組の要素には、景気も脇役として控えているのです。


(追記) 「いい旅ともだち」は 2010年 3月に放送が終了しました。放送期間は 21年6か月でした。

(追記) “SUNTORY SATURDAY WAITING BAR AVANTI”も 2013年 3月に放送が終了しました。放送期間は 21年でした。


ブログ開始は 2003年です。

Search

Mail-form


 頂いたメール内容の秘密は 厳守しています。