FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第198回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( △ )
    中島みゆき「銀の龍の背に乗って」
    NBS フジ・木曜劇場「Dr.コトー診療所2006」主題歌

  2. 第 2 位 ( △ )
    abn テレ朝・ドラマ「相棒」劇中効果音楽 [池頼広]

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    NHK教育・教養番組「知るを楽しむ ~ 私のこだわり人物伝」テーマ音楽 [中村幸代]

  4. 第 4 位 ( ⇒ )
    倖田來未「夢のうた」
    abn テレ朝・木曜ドラマ「だめんずうぉ~か~」主題歌

  5. 第 5 位 ( ★ )
    Delta Goodrem“Flawed ~ 埋まらないパズル”
    ♪フィメール・ヴォーカルが際立つ久々の洋楽バラード佳曲。


 第1回の放送を このブログで酷評した(笑)日テレ“DRAMA COMPLEX”。案の定人気なく打ち切りとなり(笑)「火曜ドラマゴールド」という新枠になりました。結局 伝統の「火曜サスペンス劇場」を打ち切ってまで始めた“DRAMA COMPLEX”は、火サスの支持層に 数で接近する事さえ出来ませんでした。

 やはり 2時間サスペンスの人気は、底堅く侮りがたいものはあります。 30年近くの歴史から既に 20作以上を数える人気シリーズも多く、主人公やレギュラーの出演俳優の固定化から、単発ドラマであるはずの 2サスが、一種 連続ドラマの形態になっています。老舗のテレ朝「土曜ワイド劇場」は、原則として その人気シリーズの組み合わせにより、毎週放送を続けています。

 視聴率の落ちない人気シリーズの原作作家は、山村美紗・西村京太郎・内田康夫(北佐久郡 軽井沢町在住)森村誠一 各氏あたりですが、人気の集中から 2時間サスペンスは、不可思議な放送フォーマットを維持しているのです。例えば西村京太郎 氏の代表的登場人物「十津川警部」は、TBS・渡瀬恒彦、テレ朝・高橋英樹 と 2人存在します。

 故 山村美紗 氏の代表的登場人物「狩矢警部」は、TBSに2時間サスペンスの帝王・船越英一郎、フジ・若林豪、テレ朝・田村亮 と 現在 3人も存在します。さらに故 山村美紗 氏に関しては、長女の女優・山村紅葉 が必ず出演しないと、原作のドラマ化は認めないという遺言があるそうで、山村紅葉 は、総ての山村美紗作品に あらゆる配役で出演しているのです。

 さらに山村紅葉 は、母親と親交ある西村京太郎 氏の作品へも レギュラーを含めて数多く出演しています。2時間サスペンスの女王と言えば、主役頻度から片平なぎさ が定説ですが、私は この山村紅葉こそ女王だと思っているくらいです(笑)。この山村紅葉 を筆頭として、脇を固める 2時間サスペンスの常連俳優は、100名以上に達しています。

 その 2時間サスペンス常連俳優達は、刑事・犯人 はたまた ご遺体(笑)とあらゆる役をこなし、同じ週に同一俳優が、刑事 と 犯人で登場するといった現象も起きています(笑)。ただ その常連俳優達の演技力は、極めて高いものがあり、その役が 刑事だろうが、犯人だろうが、難なくこなしてしまいます。この高い演技力の維持に、2時間サスペンス人気の源泉があるのです。

 但し 2時間サスペンスのロケは、短い期間で撮影を終わらせる必要があり大変なのだそうです。通常の連続ドラマよりも、予算や日数に制限を受け、旅情モノ(笑)で代表される様に地方ロケも必須となり、制作スタッフの苦労が多いのですが、マンネリと言われながらも支持層が底堅い「2時間サスペンス」は、日本独自の放送文化として しっかりと根付いています。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを即時表示します。

Pageguide

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。お読み頂き ありがとう ございます。ここは、2006年11月03日 の週間選曲リスト と『 2時間サスペンス 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しているテキストブログです。デザイン総てが、オリジナルの自作で構成されています。週 1回「定点観測」の積み重ねによって、信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。