FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第742回ランキング

   
公開 : 
  1. 第 1 位 ( △ )
    NHK総合・外国テレビドラマ「ダウントン・アビー ~ 華麗なる英国貴族の館」テーマ音楽 [John Lunn]

  2. 第 2 位 ( ▽ )
    abn テレ朝・木曜ドラマ「緊急取調室」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [林ゆうき]

  3. 第 3 位 ( △ )
    BS Dlife・外国テレビドラマ「NCIS ~ ネイビー犯罪捜査班」テーマ音楽 [Maurice Jackson]

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    ぼくのりりっくのぼうよみ「つきとさなぎ」
    テレビ東京・ドラマ25「SR サイタマノラッパー ~ マイクの細道」エンディング テーマ
    ♪1位 2週、登場 9週。

  5. 第 5 位 ( ★ )
    NHK総合・土曜時代ドラマ「みをつくし料理帖」劇中効果音楽 [清水靖晃]
    ♪シンプルだが粒立っている和音構成の劇伴。


 このブログの全ページ常時SSL化から 1年になりました。URLの https:// や プラウザに表示されるグリーンの鍵マークも、すっかり浸透した感じです。

 このSSL化とほぼ同時に、ブログの更新なしで瞬時にメッセージが、ブログのPC・モバイル総てのページに表示される「臨時のお知らせ」機能や、メールの送信者が、ご愛読者か否かを判断できる独自の「メールフォーム」を整備しました。

 加えて 画像に依存しないテキストオンリーのブログにも係わらず(笑)ブロガー撮影の さりげない写真を掲載した、プライベートな(笑)フォトギャラリーである「ブログ写真館」も新たに設け、SNSに依存していたブログの機能を、総てブログ本体に納める事が出来ました。

 1年前を振り返ってみると、CSR( Certificate Signing Request )と 秘密鍵の作成から始まり、認証機関へ証明書発行の申請や、相対パスが不可なHTML5のリンク設定を ひとつずつ https:// にする作業、さらに旧URLのアクセスを 新たな正規のURLへリダイレクトさせる作業など、SSL化の準備には手間がかかり なかなか大変でした。

 そして自力で組み上げたHTML5とCSS3で、総ての機能をブログ本体に納め、個人ブログとしては究極とも言える、全ページ常時SSL化を実現する事が出来ました。

 私はPCのプラウザに、Google Chromeを使用していますが、SSL化してないページには、セキュリティーの警告を表示する計画があるそうです。現在 Google Chromeで、このブログへPCでアクセスすると、グリーンの鍵マークの横に、保護された通信 と表示が出ています。一気にSSL化をやっておいて良かったなと つくづく思います。

 常時SSL化とは、サイトの全ページをすべて暗号化する事ですが、実際のセキュリティ向上に加えて、安全なコンテンツだと宣言できる効果もあります。サイトオーナーが常時SSL化に着手するスピードには、運営能力が透けて見えるのです。

 2003年のブログ開始から、独学でコツコツと HTML5とCSS3 を勉強してきた私にとって、このブログは 田中久重の万年時計の様な存在だと、以前書いた事がありました。1年間安定してSSL化したブログを運営でき、やっとブログのシステムが完成したと思えてくるのです。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを即時表示します。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 お読み頂き ありがとう ございます。ご愛読者の皆様には、心から感謝申し上げます。

 ここは、2017年06月23日 の週間選曲リストと『 ブログ完全SSL化から1年 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てがオリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。