FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第521回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    NHK総合・時代劇「塚原ト伝」テーマ音楽 [川井憲次]

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    Sissel“Weightless”
    NHK BSプレミアム・ドキュメンタリー番組「追跡者 ザ・プロファイラー」テーマ曲

  3. 第 3 位 ( ⇒ )
    SBC TBS・ドラマシアター「ハンチョウ6 ~ 警視庁安積班」オープニング テーマ音楽 [遠藤浩二]
    ♪スキャット部のヴォーカルは 麻衣。

  4. 第 4 位 ( △ )
    普天間かおり「遥かな愛・・・」
    NHK総合・ドラマアンコール「蝉しぐれ」主題歌

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    abn テレ朝・木曜ミステリー「科捜研の女」劇中効果音楽 [川井憲次]


 CS 囲碁将棋チャンネルは、今まで100%完パケ、つまり録画による番組編成を続けてきましたが、このブログをアップする 1日は初の生放送を行っています。しかも午前 9時半から翌日 午前 2時頃まで約 17時間通した生放送です。これだけ長時間に渡って将棋棋戦を連続生放送するのは、我が国テレビ史上初のケースになります。

 プロ将棋のシステムは 複雑です。名人・竜王・王位・王座・棋王・王将・棋聖と 7名のチャンピオンが存在し、NHK杯をはじめ多くの棋戦優勝者も存在します。私は 羽生善治 三冠(王位・王座・棋聖)を棋士として尊敬しています。天才中の天才棋士で 7大全タイトルを独占した事もある最高棋士ですが、ストイックで驕らず小市民的な言動(笑)は、実に好感が持てます。

 中日新聞など新聞三社連合の「王位戦」は、予選トーナメント勝ち抜きの 8名 と 前期好成績だった 4名シードの計 12名を、紅白 2組に分けて総当たりのリーグ戦を行います。そして紅白の各組優勝者が挑戦者決定戦を対局。勝った挑戦者が現王位と 七番勝負を行い、先に 4勝したほうが新王位となる、比較的理解しやすい勝者決定システムです。

 ところが最高賞金額の「竜王戦」あたりは ややこしく、トーナメント中毒(笑)といっても過言ではないシステムです。1組から 6組までクラスがあり、勝っても負けても昇級・降級を決めるトーナメントがあり、各組優勝者などによるパラマスな決勝トーナメントで、竜王挑戦者を決めます。但し どんなに下のクラスでも、連勝を続けていけば竜王への道があります。

 一方 棋界の最高峰「名人戦」は、挑戦者決定リーグや その予選リーグを「順位戦」と呼び、A級・B級1組 2組・C級1組 2組と 5クラスに分かれ、前回までの順位 と 今回の成績で、参加全棋士に順位がついています。そして名人への挑戦権は、最上クラスのA級優勝者しか与えられません。B級1組以下には、最初から名人に挑戦する事が出来ないシステムなのです。

 そのA級順位戦が最も解りやすく、10名による総当たりリーグで、優勝者は 名人挑戦権を獲得、下位 2名が下のクラスの B級1組へ陥落し、B級1組の優勝・準優勝者が 次期A級へ昇格します。この様なシステムを B級2組以下も維持していれば問題はないのです。ところが B級2組以下は、昇級に関して決められた人数で行いますが、陥落は人数が定まっていません。

 下位者に「降級点」を与えて、それが貯まったら陥落とか、2年連続 勝率 5割になったら降級点が消えるとか、やたら陥落させない(笑)温情規定です。昇級は一定人数、陥落は嫌々(笑)となると、下級クラスは肥大化してきます。現在 C級1組は 34名 C級2組が 46名も在籍しており、それなのに僅か 10局の成績で順位を決めます。

 これでは 過去順位を鰻のタレの様に(笑)煮詰めて、今期の成績をまぶすだけで、音楽チャートマニアとして言わせて頂ければ、決定した順位は 棋力を正確に反映しておらず、これ以上温情規定が増加すると、将来システム破綻の恐れもあります。それでも A級順位戦に関しては、実に厳しいシステムを維持しており、1局の勝敗の意味が大変重くなっています。

 特にA級順位戦 最終対局の頑張りで、ある棋士は 名人挑戦が決まり、ある棋士は 残留・陥落が決まります。そこで日本将棋連盟は、最終対局を 同日同時刻に全員一斉で対局させます。持ち時間各 6時間ですから計 12時間。朝の対局開始から深夜まで及ぶ この一斉対局を「将棋界の一番長い日」と呼んでおり、CS 囲碁将棋チャンネルで今回 初の完全生放送をしています。

 現在 囲碁将棋チャンネルでは、過去のNHK杯トーナメントをアーカイブ放送しています。1989年 第38回の4回戦(準々決勝)羽生善治 五段(当時 18歳) VS 加藤一二三 九段(当時 48歳)の名局を 先日録画できました。昨年 急逝した米長邦雄 日本将棋連盟会長が解説で、羽生 五段が伝説の 5二銀を打った時「おー!やった!」と絶叫した名局です。

 今回の生中継で面白かったのは、昼食休憩の時、棋士が ゆっくり飲み物を片づけ盤から離れ、記録係も席を立ち ほとんど「空絵」の状態を そのままオンエアーしていたところでした。これが意外にも臨場感があったのです。遂に行った「将棋界の一番長い日」完全生放送。CS 囲碁将棋チャンネル と 日本将棋連盟の英断に敬意を表しつつ、今日は その生放送を視ています。


ブログ開始は 2003年です。

Search

Mail-form


 頂いたメール内容の秘密は 厳守しています。