FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第522回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    NHK総合・時代劇「塚原ト伝」テーマ音楽 [川井憲次]

  2. 第 2 位 ( △ )
    SBC TBS・ドラマシアター「ハンチョウ6 ~ 警視庁安積班」オープニング テーマ音楽 [遠藤浩二]

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    Sissel“Weightless”
    NHK BSプレミアム・ドキュメンタリー番組「追跡者 ザ・プロファイラー」テーマ曲

  4. 第 4 位 ( △ )
    abn テレ朝・木曜ミステリー「科捜研の女」劇中効果音楽 [川井憲次]

  5. 第 5 位 ( ★ )
    NBS フジ・ドラマ「ビブリア古書堂の事件手帖」タイトルバック音楽 [☆Taku Takahashi・ARTIMAGE CREW]
    ♪違和感を感じる劇伴が多いがタイトルバックで流れるパートのみ調性がとれている。


 厚生労働省から 2010年の都道府県別 平均寿命が発表になり、長野県が 男女ともに 日本一となりました。

 この統計は 5年おきに発表されています。男性は、5回連続 長野県がトップ。女性は、本土復帰から3年後の1975年以降 沖縄県が連続1位を続けてきましたが、今回 長野県が初の1位になっています。長野県民としては 大変喜ばしい事です。

 都道府県別平均寿命の上位は、男性 1位・長野県(80・88歳)2位・滋賀県(80・58歳)3位・福井県(80・47歳)4位・熊本県(80・29歳)5位・神奈川県(80・25歳)。 女性 1位・長野県(87・18歳)2位・島根県(87・07歳)3位・沖縄県(87・02歳)4位・熊本県(86・98歳)5位・新潟県(86・96歳)となっています。

 また平均寿命のランキングを見てみると、長野を始めとする中部圏や北陸圏が、コンスタントに平均寿命の上位を占めてきている印象を受けました。

 信州に住んでいると やはり野菜を摂取する機会が多くなります。澄みきった空気に象徴される抜群の自然環境が、平均寿命を押し上げる要因になったと思います。

 平均寿命が いくら伸びても、寝たきり被介護人口が増えれば、あまり意味のない統計数字になってしまいます。人口動態の少子高齢化の進行は もはや避けようがありません。

 この少子高齢化への対応は社会全分野に求められます。テレビ・ラジオの世界も、この少子高齢化社会へ完全にフィットしていかないと、大きく取り残される恐れがあります。

 ここ1ヶ月の地上波テレビを視ていると ある事に気づきます。地元テレビ局の新入社員募集のCMが やたら目立つのです。

 NBS長野放送、abn長野朝日放送、TSBテレビ信州、そしてSBC信越放送、4社の県内民放テレビ局 全てで社員募集のCMが流れています。私の記憶では初めての事です。

 視聴率30%を毎週マークし、我が国最高のテレビ ヒットチャート番組だった「ザ・ベストテン」では番組で葉書リクエストを受け付けていましたが、最盛期は滅多に番組内で葉書リクエスト受付の宛先を紹介しませんでした。

 ネットなどない時代、全く宛先を紹介しないのに、東京都港区赤坂のTBSテレビには毎週10万通以上の葉書が きちんと届いていたのです。つくづく人気とは恐ろしいものです(笑)。

 テレビ局への就職は長年 大変人気がありました。ザ・ベストテンの葉書リクエストと同じで募集CMなど打たなくても(笑)沢山の応募があったのです。ところが県内4社は今年 募集CMを大々的に流しています。

 ネット時代隆盛となり斜陽が見えてきた放送産業、特に地方局へ いい人材が集まらなくなってきたとの危惧感が そうさせたのだと思います。

 放送と通信の安易な融合は、長年培った放送文化の維持という見地からも避けるべきです。しかし、通信の世界は放送と異なり 一方的な発信・受信の関係になく双方向です。その双方向とは発信すれば必ず着信する、採用や没の可否判断が中間過程にない完全な双方向なのです。

 これからの放送の世界において 一方的な発信・受信の関係は、報道機関として公共公益のため大きな役割を果たさなければならないニュース・生活情報提供に限定されていくべきです。

 例えば普及している有線放送の様に、音楽リクエストを受け付ければ、ほぼ即時に曲が電波から流れる様な 従来にないサービスが必要になってくる気もします。


ブログ開始は 2003年です。

Search

Mail-form


 頂いたメール内容の秘密は 厳守しています。