FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第275回ランキング

   
  1. 第1位( △ )
    NHK総合・連続テレビ小説「瞳」テーマ音楽 [山下康介]

  2. 第2位( ▽ )
    NHK総合・大河ドラマ「篤姫」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [吉俣良]

  3. 第3位( ▽ )
    一青窈「栞」

  4. 第4位( ★ )
    COLDPLAY“Violet Hill”
    ♪ブルーな刻みとボリュームある旋律が上手く溶け合った佳曲。

  5. 第5位( ▽ )
    今井美樹「足音」
    テレビ東京・2時間サスペンスドラマ「水曜ミステリー9」エンディング テーマ曲


 8日に 茨城県沖を震源とした最大震度5弱の地震があり、私は「緊急地震速報」を初めて聴きました。FM長野の“JET STREAM”が終わり、NHK-FMでラジオ深夜便の落語放送を聴いていた 午前1時45分。本番の「緊急地震速報」が全国放送されたのです。背中に悪寒が走り抜ける様な音声速報を聴くのは、初めての体験でした。

 私も長年ラジオを聴いて来ましたが、本番の「緊急地震速報」は、想像を はるかに超えたインパクトです。急迫を告げるチャイムの後、千葉・茨城など北関東の地名が出て来た時は、長野県に居住している者として、正直ホッとしました。テレビとは異なりNHKラジオの緊急地震速報は、速報対象地域を読み上げるまでの数秒が大変長く感じました。

 以前このブログで問題点を指摘した、緊急地震速報 直後の放送ですが、NHKラジオは、的確に対応し即時に震度速報へ切り替わりました。しかし、これも私が想像した以上の緊迫感でした。やはり緊急地震速報は、数秒の争いで存在価値が決まります。今後ラジオ放送のライブネット配信が普及してくると、特有のタイムラグが発生し、その価値が急減する恐れがあります。

 緊急地震速報のシステムは、これからのラジオ・テレビ放送を大きく変えていく事になると思います。従来の津波警報・大津波警報は、発令時に自動送出するシステムではありませんでした。番組内容の如何に係わらず、民放の場合、例えCMをオンエアー中でも、緊急地震速報は、最優先で放送されます。戦後の放送史上、最もドラスティックな警報だとも断言できます。

 特にNHKと民放では、緊急地震速報の基準も異なります。NHKは、緊急地震速報を全国に向けて放送します。今回の北関東が対象の緊急地震速報は、長野局でも放送しました。民放の場合は、自らのサービスエリアが対象となる緊急地震速報のみ放送します。かつNHKよりも速報基準の震度を高く設定すると、放送局自身が被災者になる可能性が一気に高まるのです。

 やはりラジオメディアの場合、緊急地震速報が流れた時は、その直後の報道体制が極めて重要となります。特にFM音楽放送の場合は、オンエアー可能な楽曲が、クラシックなどに限定される考査も成り立ちます。非常用の音楽プールも含めて、一筋縄では行かない応変の放送番組の編成を、メディアとして負わされる事になると思います。

 FM長野も この秋から、緊急地震速報を実施する予定だそうです。緊急地震速報の導入の可否で、全国のラジオ・テレビ局が、どの程度 公共公益性に立脚しているのかも垣間見られます。導入されれば、総てのラジオ・テレビで最優先で放送される「緊急地震速報」が、大規模地震に対して、少しでも被害の縮小に繋がる事を念願しています。


(追記) FM長野は、9月 1日 午前5時から 緊急地震速報システムを運用開始しています。


ブログ開始は 2003年です。

Mail-form


 頂いたメール内容の秘密は 厳守しています。

Search

Pageguide

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。お読み頂き ありがとう ございます。ここは、2008年05月09日 の週間選曲リスト と『 緊急地震速報を初めて聴く 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しているテキストブログです。デザイン総てが、オリジナルの自作で構成されています。週 1回「定点観測」の積み重ねによって、信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。