フセイン 元大統領 逮捕 - チャート★ドランカー BLOG

FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第51回ランキング

   
公開 : 
  1. 第 1 位 ( △ )
    浜崎あゆみ“No way to say”
    パナソニック テレビCMソング
    ♪年末特番で魅せた圧倒的存在感と楽曲の素晴らしさ。

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    a.mia“LAT.43゚N”
    SBC TBS・ドラマ「エ・アロール」主題歌

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    Do As Infinity「柊」
    SBC TBS・ドラマ「恋文 ~ 私たちが愛した男」主題歌
    ♪1位 5週、登場10週。

  4. 第 4 位 ( ⇒ )
    NBS フジ・木曜劇場「白い巨塔」劇中効果音楽 [加古隆]

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    星村麻衣「ビリーヴァー」
    SBC TBS・愛の劇場「銀座まんまんなか!」主題歌


 14日に フセイン 元イラク大統領の身柄が、遂に拘束されました。

 フセイン 元大統領は、戦闘終結の宣言を行ってから その所在が不明でしたが、米軍はフセイン 元大統領捜索の軍事作戦を、執拗に展開していました。そして米軍の特殊部隊が、イラク中部に位置するアッ・ドゥール村の地下豪で隠れていたフセイン 元大統領を発見し、とうとう身柄は拘束されました。拳銃や多額の現金を所持していたとの事です。

 フセイン 元大統領逮捕については、何度も誤報が流れました。その度にメディアの取材能力とニュース編集能力の強弱は、はっきり示されてしまう状況が続いていました。

 しかし、以前ビンラディン逮捕の誤報で民放テレビ局が混乱した時、まったく誤報に動じなかったNHKは、今回 第1報の早い段階からフセイン 元大統領拘束のニュース速報を打ちました。

 その後 イギリスのブレア 首相の身柄拘束 肯定発言が全世界に伝わると、誤報続きのためか様子を見ていた各メディアも一斉に速報。そして綿棒でDNAを採取されている髭面のフセイン 元大統領の映像を、全世界に配信・放送。フセイン 元大統領の身柄拘束が確認されたのです。

 このニュースによって、イラク全土に歓喜の声が満ちた訳ではありませんでした。全世界に生中継されたフセイン 元大統領拘束発表の記者会見でも、連合国側とイラク国民との微妙なズレが露見しました。

 現在イラクを占領統治している連合国暫定当局(CPA)ブレマー 行政官が“We got him.”と発表した瞬間、英米の記者からのみ歓声は上がりましたが、現地イラクの記者達から初めて歓声の上がったのは、拘束されたフセイン 元大統領の映像が出た時でした。さらに記者会見での同時通訳も、イラク統治評議会の方がアラビア語でしゃべり出すと、ピタッと通訳を止めてしまったのです。

 この記者会見によって、中東圏の文化の違いから、占領当局とイラク暫定政府との軽重の差まで、全世界は知るところとなりました。フセイン 元大統領が逮捕されても、占領統治下のイラン国民にとって、重々しい日々から即座に解放されたと喜ぶには、まだまだ早過ぎる様です。


(追記) 2006年12月30日に、人道に対する罪で、フセイン 元大統領の絞首刑が執行されました。ニュルンベルク軍事裁判におけるナチス戦犯が、判決(実質確定)から 15日目、極東軍事裁判におけるA級戦犯が、判決(実質確定)から 41日目の執行だったのに対し、判決確定から わずか 4日のスピード執行でした。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを即時表示します。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 お読み頂き ありがとう ございます。ご愛読者の皆様には、心から感謝申し上げます。

 ここは、2003年12月19日 の週間選曲リストと『 フセイン 元大統領 逮捕 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てがオリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。