FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第370回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( △ )
    NHK総合・大河ドラマ ミニコーナー「龍馬伝紀行」効果音楽 [いちむじん]

  2. 第 2 位 ( ▽ )
    NHK総合・大河ドラマ「龍馬伝」テーマ音楽 [佐藤直紀]

  3. 第 3 位 ( ⇒ )
    Mr.Children“HANABI”
    NBS フジ・ドラマ「コード・ブルー ~ ドクターヘリ 緊急救命 2nd season」主題歌
    ♪1位 4週、登場19週。

  4. 第 4 位 ( ⇒ )
    NHK総合・大河ドラマ「龍馬伝」劇中効果音楽 [佐藤直紀]

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    aiko「あの子の夢」
    NHK総合・連続テレビ小説「ウェルかめ」主題歌


 NHK総合テレビの朝ドラ「連続テレビ小説」は、 4月改編から 15分繰り上がり、午前 8時ジャストの放送開始となるそうです。私が小学生の頃の総合テレビは「NHK時計」による時報の後、朝 7時のニュース。7時20分「カメラリポート」7時35分から 野村泰治 アナの「スタジオ102」8時12分の天気予報へと続きます。

 そして 8時15分「連続テレビ小説」。さらに 8時30分は ニュース・天気予報、8時45分から鈴木健二 アナの「こんにちは奥さん」を放送していました。このラインナップを まだ覚えているのですから相当刷り込まれています(笑)。番組は変遷していきましたが「8時15分の伝統」は、なんと 40年以上も続いた事になります。

 春の新編成を調べてみると、8時に繰り上がる朝ドラの後「あさイチ」という生情報番組がスタートして、8時30分からのニュースは、この「あさイチ」に内包されてしまう様です。「名曲アルバム」だった時期もありましたが、大河ドラマ直後の午後 8時45分。そして朝ドラ直後は 午前 8時30分と、午後 1時に「ニュース」を放送するのが、総合テレビの伝統でした。

 このブログでは、年末になると 紅白歌合戦から ゆく年くる年 への「ギャップ」つまり映像落差が大好きだと公言しています(笑)。その他にも、朝ドラや大河ドラマからニュースへの切り替えにも、同じギャップ(映像落差)を感じるのです。特に面白いのは「ウェルかめ」お昼の再放送から、午後 1時のNHKニュースへの切り替えです。

 殆どのニュースは、アナが正面カメラを向いて入ります。この常識に反して、1時のニュースの登坂淳一 アナは 目線が下。つまり「ウェルかめ」のモニターを視ている状態からカットインします。そして微笑み寸前の微妙な間合いから、正面カメラを視て「1時になりました。ニュースをお伝えします」と入るのです。この「目線が下」は、登坂 アナが始めたのではありません。

 1999年 本放送の朝ドラ「すずらん」で、末田正雄 アナが始めたと記憶しています。近年の朝ドラの中でも「すずらん」は傑作でした。末田 アナは 涙目で 1時のニュースに入っていったと、視聴者から指摘が相次いだ事もありました。そして次の武田真一 アナに「目線が下」は 引き継がれ、登坂 アナが微妙な間合いを加味し「完成」させました(笑)。

 人気ドラマから生放送の報道番組へ間髪入れずスイッチングするのは、公共放送のNHKしか視られないシーンです。本放送は 15分繰り上がりますが、お昼の再放送は 12時45分からと変更なし。その後の1時のニュースも変更なしです。あの慣習は 引き継がれるのか? 朝ドラ再放送から 1時のニュースへのスイッチング。春からも注目しています。


ブログ開始は 2003年です。

Search

Mail-form


 頂いたメール内容の秘密は 厳守しています。