FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第386回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    Superfly「タマシイ レボリューション」
    2010 NHKサッカー テーマ曲

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    坂本冬美「また君に恋してる」

  3. 第 3 位 ( △ )
    NHK総合・大河ドラマ「龍馬伝」テーマ音楽 [佐藤直紀]

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    CS 囲碁将棋チャンネル・テレビ対局「第19期 竜星戦」テーマ音楽 [音楽制作者 不詳]
    ♪1位 1週、登場 6週。

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    遊びでぃきらさ’z ~ あしびでぃきらさーず“Hurry up ハーリー”


 大相撲親方・力士による野球賭博問題で NHKは、遂に生中継の中止を決定しました。11日からの名古屋場所については、テレビが ダイジェストの録画放送。ラジオは、取組結果をニュースで伝えます。テレビの生中継中止は、1953年開始以来 初。1928年開始したラジオの生中継中止に至って、 第2次 世界大戦での中断以来 初。まさに放送史上の事件へ発展しました。

 監督責任を問われた勧進元・日本相撲協会の改革が叫ばれています。しかし実現は難しいでしょう。力士の多くが、学業の中途で相撲の世界へ飛び込み、序ノ口から横綱に至る「番付」という厳しい階級社会を生きていきます。成績を上げ引退後 親方として協会に残っても、準年寄 → 年寄 → 主任 → 委員 → 監事 → 理事 → 理事長 と厳然たる「番付」が また存在するのです。

 日本相撲協会は、外部からの能力ある役員招聘を、生理的に受け付けません。それは この階級社会を、相撲のキャリアだけで維持する大原則があるからです。閉鎖的と言われる根幹は ここにあります。そして この閉鎖性がなければ、伝統ある大相撲という独自の階級スポーツは成立し得ないのです。この階級スポーツを理解する事が、国技・大相撲ファンの第1条件になります。

 例えば音楽チャートにおける「初登場1位」の乱発は、その権威性が崩れチャートの衰退化を招きました。大相撲では「初登場1位」つまり平幕優勝しても、いきなり横綱になれません(笑)。矛盾に見える このハードルが、順位システムの権威を合理的に保護しています。大相撲という国技は、各場所ごとの勝敗数に基づき、安定して昇降する順位システムが美しいのです。

 貴乃花 親方の理事選挙立候補 そして 当選は、どうも協会内で「初登場1位」を目指す動きと受け取られた様です(笑)。今回の野球賭博問題は、貴乃花 親方包囲網のリークが発端と一部で言われています。しかし、ここまで刑事事件になってしまっては、リーク自体が協会との心中行為です。それを理解出来なかったリーク側も、司法知識に疎い読みの浅さがあります。

 またNHKの福地 会長も生中継の中止は、視聴者コールセンターへの意見の賛否数で決めたそうです。これも読みが甘く問題です。視聴者の意見統計 と 視聴者の意見の総意は 一致しないからです。それ故に世論調査が存在します。NHK会長らしからぬ浅墓な考え方だと、会見を視て思いました。案の定 今度は 多くの中止反対意見が、視聴者コールセンターへ寄せられています。

 私はゴルフを やりませんが、好事家の話を聞くと プレイの多くが賭けの対象となっている様です。社会から賭博行為を根絶しろなとど野暮な事は思っていませんが(笑) 100万単位の野球賭博行為は、どう考えても違法です。大相撲の世界を全面改革開放しろなどと、同じく野暮な事も言いませんが、せめて非合法な行為からは、きっぱり手を引いて欲しいものです。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを即時表示します。

Pageguide

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。お読み頂き ありがとう ございます。ここは、2010年07月09日 の週間選曲リスト と『 大相撲 番付システムの美しさ 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しているテキストブログです。デザイン総てが、オリジナルの自作で構成されています。週 1回「定点観測」の積み重ねによって、信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。