FM長野 リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第593回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    Bryan Adams“Run To You”
    スズキ テレビCMソング

  2. 第 2 位 ( △ )
    SBC TBS・月曜ミステリーシアター「ペテロの葬列」劇中効果音楽 [横山克]

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    NHK総合・連続テレビ小説「花子 と アン」劇中効果音楽 [梶浦由記]
    ♪リスト対象の劇伴にはケルト楽器が使われている。

  4. 第 4 位 ( △ )
    abn テレ朝・ドラマ「警視庁捜査一課 9係」劇中効果音楽 [吉川清之]

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    NHK総合・木曜時代劇「吉原裏同心」劇中効果音楽 [林ゆうき]


 先週お知らせした通り、ブログに掲載されているリストのタイトル・日付表記を刷新しました。

 一昨年から行ってきたブログの本文を読みやすくする作業は完了していましたが、今回は まだ手つかずのまま残っていた各リストの「見出し」を追加で改善しています。

 このブログには、リストつまり記事の見出しが3つも存在しています。週間選曲リストの「第○○○回ランキング」と表記される通算週数。そして日付。さらに週間放送視聴日記のタイトルです。

 今までは日付と通算週数を冒頭の大見出しとして表記。週間放送視聴日記のタイトルはサブ扱いで末尾にちょこっと(笑)という感じでした。このブログは開始した2003年から音楽チャートのスタイルを踏襲しており、一貫して日付と通算週数をメインのタイトルとして扱ってきました。

 ところがブログを11年以上続けてみて解る事ですが、例えば日付や通算週数を検索して、Googleさんから このブログへご訪問なさる方は ほとんど皆無です(笑)。曲目や週間放送視聴日記のタイトルが検索対象となるのです。

 また各リスト(個別記事)に関するGoogleさんの検索タイトルも、週間放送視聴日記のタイトルが使われています。

 そこでブログのタイトル表記も実体に即して大幅に改めました。まず週間放送視聴日記のタイトルを、各リストのメインタイトルとして白抜き大文字で表示。そして次段に週間選曲リストの通算週数。さらに公開日付を表示しました。

 週間選曲リストの通算週数は2段目ですが、年間ランキングや全期間ランキング・上半期順位などはメインタイトルとして、従来通り1段目に大きく表記されていますので解りやすいと思います。

 仕事の合間など少しずつ作業を行っており時間が かかってますが、今週はPC・タブレット版のブログに関して、リスト タイトル表記の刷新が完了しました。

 またモバイル ブログもPC同様のタイトル表記に変更しますが、他にも細かい問題点に関して追加の改善作業を続けています。さらに もう1回大掛かりな作業もあります。その際は加入しているSNSで、臨時のお知らせを致します。

 このブログは、週間選曲リストと週間放送視聴日記が、ひとつのコンテンツを成しています。今回のリスト タイトル・公開日付表記の刷新で、PC・タブレット版のブログに関しては、ふたつのコンテンツが溶け合い一体化した感じがします。

 モバイル ブログの追加改善につきましては、作業が完了する来週以降に また詳しく ご紹介致します。


(追記) 2014年 8月に、モバイル ブログが完成しました。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを即時表示します。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 お読み頂き ありがとう ございます。ご愛読者の皆様には、心から感謝申し上げます。

 ここは、2014年07月25日 の週間選曲リストと『 リスト タイトル表記を刷新 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てがオリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。