FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第809回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( △ )
    NHK総合・土曜時代ドラマ「赤ひげ」劇中効果音楽 [音楽制作者 不詳]

  2. 第 2 位 ( △ )
    NHK総合・土曜ドラマ「不惑のスクラム」劇中効果音楽 [岩代太郎]
    ♪第6回 放送では 20時28分過ぎに流れた劇伴がリスト対象。

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    BS Dlife・ドラマ「コールドケース ~ 真実の扉」メイン テーマ(ピアノ ヴァージョン)[村松崇継]

  4. 第 4 位 ( ★ )
    UA「黄金の緑」
    BS朝日・ミニ番組「緑のコトノハ」テーマ曲
    ♪イントロのベースの和音だけで独特の調性まで感じさせる佳曲。

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    Sia“Alive”
    Honda テレビCMソング


 1日に スウェーデンのカロリンスカ研究所は、今年のノーベル医学生理学賞を、本庶佑(ほんじょ たすく)京都大学特別教授に授与すると発表しました。授賞理由は「免疫の働きの低下を防ぐガン治療法の発見」。ガン細胞が有する免疫チェックポイント分子の発見と、革命的なガン免疫療法を開発した成果が、高く評価されたそうです。

  総合テレビでは、ストックホルム・カロリンスカ医科大学での授賞者発表と、ほぼ同時となる午後 6時32分に「ノーベル医学・生理学賞に 京都大学特別教授の本庶佑さん」「免疫のブレーキ役の物質発見 がん治療薬開発などに貢献」と NHKニュース速報。6時43分には、臨時ニュース(チャイムなし)で 小松宏司 アナが詳報しました。

 中日新聞社からも 6時40分に一斉でニュース特別便(号外メール)が送信されています。今回の医学生理学賞は 5人目。ノーベル賞全体では、27人目となります。2000年のノーベル化学賞以来、日本人受賞が頻繁に続いています。本庶佑 教授は、毎年ノーベル賞候補として推薦がされ、医学ジャーナリズムの下馬評に上がっていました。

 本庶 教授の発見から開発された新薬「オプジーボ」は、末期ガンにも顕著な治療効果をもたらします。但し まだ高額なのと、副作用が強いという欠点があります。従来の抗ガン剤とは 異なる副作用が、高い確率で現れるのです。オプジーボは、人間の免疫を利用するため、本来持つ生理機能に深く影響し、生体への誤信号が出やすくなるからです。

 ネットで公開されている「オプジーボ 副作用発現状況」を見てみると、重篤な副作用も含めて、凄い数の副作用が報告されています。オプシーボの効果が確認されるまでには、まず副作用のマネージメントを経なければなりません。オプジーボには、受賞も相乗してガンの万能薬と言うイメージが付いてしまってますが、効果があるのは、約 2割程度の患者とされています。

 NHKで紹介された患者さんは、オプジーボ投与の直後、やはり重篤な副作用で入院をし、その副作用の治療が終わった後で、オプジーボが劇的に効いたのだそうです。この域まで達して初めて末期ガンにも効能が認められるとされています。しかも受賞決定後の発表によると、生体に働いたオプジーボは、投薬を中止した後も効果が継続する場合もあるそうです。

 一度巣食ったガン細胞の除去は、実にやっかいです。自意識過剰で調子づいている(笑)ガン細胞には、やはり体内免疫を高めて まず増殖を阻止し、確実に存在を否定していくのが最良な道の様です。オプジーボは、その王道の治療法に訴えかけた新薬であり、開発まで結びつけた本庶 教授は、まさしくノーベル賞に値する医学者です。

 本庶 教授は「あんたの薬のおかげで元気になれたと言われるのが どんな賞よりも喜び」と語っていました。元首相の森喜朗 東京夏季五輪 組織委員長は、肺がん再発に苦しみましたが、オプジーボの投与で 今や小池 都知事と対峙(笑)できるほど回復したそうです。本庶 教授は、そのオプジーボの産みの親なのです。ノーベル医学生理学賞、本当に おめでとう ございます。


 このブログのカウンター(ページビュー)が、6日に 43万 を突破しました。ご愛読頂き ありがとうございます。


ブログ開始は 2003年です。

Mail-form


 頂いたメール内容の秘密は 厳守しています。

Search

Pageguide

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。お読み頂き ありがとう ございます。ここは、2018年10月12日 の週間選曲リスト と『 2018年 ノーベル医学生理学賞 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しているテキストブログです。デザイン総てが、オリジナルの自作で構成されています。週 1回「定点観測」の積み重ねによって、信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。